【速報】米SEC、BitwiseのビットコインETFを非承認 最後の希望絶たれる

米SECがビットコインETFの申請を非承認
米証券取引委員会SECは、Bitwise社のビットコインETFの申請を「非承認」したことがわかった。これを受け、単一指数に連動するビットコインETFの申請は全て非承認となった。
           

米SECがビットコインETFの申請を非承認

米証券取引委員会SECは、Bitwise社のビットコインETFの申請を「非承認」したことがわかった。最後の単一指数に連動するビットコインETFの申請が非承認となったことで、現時点での希望が絶たれた格好だ。

Bitwiseのリサーチ部門のトップ Matt Hougan氏は今月はじめにも、申請するビットコインETFが最も承認に近い状態にあると語っていたが、実現には至らなかった。

非承認理由はこれまで延期をかけていた理由と同様、「市場捜査のリスクなどの不法行為を防止する面で、法的水準を満たしていない」点があがった。この防止方策の欠如に関してSECは、Bitwise社だけでなく、上場を計画する取引所NYSE Arcaに対しても指摘したという。

最有力とされていたVanEck社が9月にビットコインETFの申請を取り下げ、Bitwiseが今回「非承認」となったことで、米SECが審査する単一指数に連動するビットコインETF申請はすべて終了した格好だ。(Wilshire Phoenixのバスケット型ETFはまだ審査中)

Wilshire Phoenix社のビットコインETFは、これまでの単一指数に連動するものとは異なり米国債を含めたバスケット型ETFで、先日よりSECが審査を開始している。

参考:SEC

CoinPostの注目記事

「1番承認に近い状況」ビットコインETFの期限迫るBitwise、申請状況を語る
米投資運用企業Bitwiseのリサーチ部門のトップ Matt Hougan氏が、同社申請のビットコインETFは今が1番承認に近い状態と発言。SECの承認判断期限が10月13日に迫る中、その根拠を語った。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら