CoinPostで今最も読まれています

低調なレンジ相場続くビットコインと反発の兆しを感じるリップル|仮想通貨市況(タキオン)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン・アルトコイン市況
9500ドルからの大幅下落後ビットコインは低調な動きでレンジ相場を形成している。日足の移動平均線などレジスタンスラインが上値を抑えており、出来高も少なく買いづらい環境だ。一方でアルトコインは対ビットコインで上昇に転じており、特にリップルの動きが強い。SWELLが控える中でリップル主導で仮想通貨市場が上昇する可能性も出てきた。

ビットコイン市況

まずは、ビットコイン(BTC)市況分析から。

テクニカル分析

ビットコイン(BTC)は三角持ち合いからの下抜けをし急落後、短期のレンジ相場を形成している状況。4時間足で細かくみると、7600ドル、8500ドル、直近高値の8700ドルの3つの帯に分けたレンジ相場となっている。特に方向性もなく、出来高も低調である。

移動平均線でみると日足MA25とMA200に頭を抑えられるような格好となっており、一目均衡表の雲も赤色の雲(下降トレンドを表す)ものとなっており、日足レベルでも下降トレンドと言える状態である。

テクニカル分析上は、三角持ち合いの下抜け後下降トレンド入りという分析となり、テクニカル分析を意識するプレイヤーだと日足レベルでは買いに回りにくい状況だ。一方で、6月の安値である7400ドル付近も近いことから積極的に売りも難しい状況だ。この2つの状況が合わさり、様子見ムードが漂っている。

方向性がないながらも9000ドル付近までの戻りは視野に入るが、反発すれば強い売り圧力に戻されることは必至である。日足MA25が横を向き、一目均衡表の雲もねじれるなど。下降トレンドが弱くなってくることが示唆されると、徐々に売り圧力は弱まることも予想される。しばらくは低調な動きが続くことが濃厚だ。

ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析上は低調なビットコインであるが、ハッシュレートの伸びは止まっていない。急落のきっかけの一因にもなったと思われるハッシュレートの低下は一時的なものに終わり、その後もハッシュレートは上昇基調を堅持している。このことからマイナーの損益分岐点も上昇を続けてる。損益分岐点は前提によって異なるが、メジャーなAntminer S9i 損益分岐点は7800ドル付近と推定される。更に古いAntminer S9であれば8500ドル付近と採算割れとなっていると思われる。これは減価償却費を考慮していないので、実際には赤字の可能性も高い。

このまま価格の停滞が続き、ハッシュレートの上昇が続けば耐えられなくなるマイナーも出てくると思われる。そうなるとハッシュレートの低下が危ぶまれ、価格にも悪い影響が出ることが懸念される。

※損益分岐点の計算は電気代は0.065セントで計算

Bakkt初の月間契約の決済日が近づく

Bakktの最初の月間契約である10月限の最終取引日が10月16日迫っている。未だに出来高は大きくなく影響度は不明だが、現物での決済となるためCME等の差金決済の先物より影響度は大きいだろう。決済日間近となって現物への需給バランスの変化には注視が必要だ。

アルトコイン市況

続いて、アルトコインの市況を考察する。

イーサリアム(ETH)

ドル建てでみるとビットコインに引きずられて低調であることは変わりない。日足MA25に頭を抑えられており、下降トレンドと見られることが多いだろう。

ビットコイン建てでみると下降トレンドラインの上抜けをしている。直近のレジスタンスである0.022BTCは明確に超えられていないが、MA25の上をキープしており上昇トレンドの転換気配が感じられる。対ビットコインで見たときにはイーサリアムの方がしばらく強い可能性が高いだろう。ビットコインが反発する前に、イーサリアムが反発するケースも視野に入れたい。

リップル(XRP)

リップル(XRP)も円建てではぱっとしない展開が続いてる。直近高値の34円付近が当面のレジスタンスリラインとなる。ただし25日線の上におり、ビットコインやイーサリアムに比べれば強気寄りのチャートとなっている。一目均衡表の雲も非常に薄い状態であり、トレンドはない状態と判断される。

一方でビットコイン建てでみると更に反発の兆しが見える。25日線と100日線がゴールデンクロスをしており、トレンド転換の兆しだ。200日線はまだ下降しているのではっきりしたものではないが、ビットコインやイーサリアムよりも強気であろう。3500satを明確に超えた場合大きな反発に繋がる可能性もある。

SWELLも近いことからリップルが仮想通貨市場を牽引するパターンも視野に入れておくべきだろう。

関連:リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響

寄稿者:タキオン@wing_tachyon
暗号資産トレード歴3年目。IT企業にてプロダクトマネージャーを務める傍ら、暗号資産を中心に株為替まで短期長期問わず手広くトレーダーとして活動。 アルトコインのスイングトレードをもっとも得意とする。

CoinPostの関連記事

軟調なビットコイン 10,000ドルの攻防を左右するポイントについて解説|仮想通貨市況(タキオン)
軟調な動きを続けるビットコイン分析、イーサリアムやリップルのアルトコイン分析を交えて解説。ビットコインは軟調な中にも中長期的な現物の押し目買いが見受けられる。一方でアルトコインは低調ながらも大きなサポートに達しており、ここで反発するかが仮想通貨マーケット全体を大きく左右すると言える状況だ。
調整相場が続くビットコイン次の大きな流れは近いか、今後の展望について解説|仮想通貨市況(タキオン)
7月初頭から調整が続く仮想通貨ビットコインの今後の展望をBTCドミナンスや米国金利などから予想。 相場周期を考えても次の大きな流れは近く、今後1週間ほどで大きな流れが訪れる可能性が高い。ポイントは11000ドルの突破でダブルボトム成立なるか。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/27 月曜日
10:01
米トランプ前大統領「米国は急成長する仮想通貨業界のリーダーでなければならない、2位はありえない」
米大統領候補のドナルド・トランプ氏は、民主党バイデン政権や米SECによる暗号資産(仮想通貨)業界への過度な規制や締め付けを批判し、米国は新興産業業界のリーダーになるべきだと主張、ビットコインなど仮想通貨支持を表明した。
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア