【速報】リブラ協会ついに始動へ 21社が正式加盟・1500社が加盟に関心

正式加盟と脱退
21社の大手企業が正式に事業参加契約を署名、フェイスブック社が主導するリブラ協会に正式に加盟したことがわかった。これを受け、リブラ協会がついに始動する。
           

21社がリブラ協会に正式加盟

21社の大手企業は正式に、フェイスブック社が主導するリブラ協会に正式に加盟した。スイスのジェノヴァで行われた会議で正式に事業参加契約を署名し、リブラ協会の役員も選出したという。

新たな協会では、フェイスブック社は主導する役割を担う。子会社「カリブラ」CEOのMarcus氏は、5人で構成する役員会に就任した。

他の役員には、著名VCのAndreessen Horowitzやカストディ大手Xapoなどから4名が就任する。

一時は脱退報道が相次ぎ、先行きが危ぶまれたリブラプロジェクトではあったが、決済系などの一部企業を除き、正式に加盟。協会発表当初に明かされていた企業以外でも、1,500もの事業体が協会とプロジェクトへの参画に強い関心を示していることが会議で明かされた。

1500のうち180社が参加条件を満たしているとしており、リブラネットワーク立ち上げの基準となる100社にも先行きが見えている格好だ。なお、具体的な企業名は明かされていない。

Booking Holdingsがリブラ脱退

脱退した企業では、大手オンライン旅行予約企業「ブッキングホールディングス」が新たにリブラ協会を脱退し7社目の企業に。

先日にも、イーベイ、ビザ、マスターカード、ペイパル、メルカドパゴ、ストライプの6社がプロジェクトからの離脱を表明している。

先週、米国会議員2名はビザ、マスターカード、ストライプの3社に対し、リブラ協会の参加を再考するよう求めており、政治的な圧力との指摘もある。米コインベースのCEOは、「米議員がこのような圧力をかけるのは、非常にアメリカらしくない」と批判した。

一方、10月23日にフェイスブック社CEOのザッカーバーグ氏は下院金融サービス委員会が主催する公聴会に出席する予定だ。フェイスブックに対する不信感を持つ議員らにどのように詰問されるか注目される。

出典:TheBlock

CoinPostの注目記事

脱退相次ぐリブラ協会に希望 ウーバー・リフトら22社は離脱を否定
すでに6社が脱退を表明したリブラプロジェクトだが、ウーバー、リフト、アンカレッジの3社は今後もプロジェクトに参画し続ける方針を示した。リブラプロジェクトへの参画を表明した22社は、10月14日に正式に加盟する見込み。
「リブラ協会」に深刻な打撃 Visa、MastercardやeBayら5社が脱退
大手5社がフェイスブック社主導の「リブラ協会」から離脱を声明した。PayPalに続き離脱を表明した設立メンバーとなるが、これらの企業はリブラプの動向を今後も注視していく方針を示している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

Steven Zheng

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら