米グレースケール、複数の仮想通貨へ投資可能な金融商品を機関投資家などに提供へ 組成銘柄はBTC・ETH・XRP・BCH・LTC

仮想通貨バスケットに投資する金融商品
米グレースケールが、仮想通貨のバスケットから利益を得ることを目指す金融商品で、米金融取引業規制機構(FINRA)の認可を取得。バスケットはビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインで構成される。

仮想通貨バスケットの金融商品

米大手仮想通貨投資ファンドのグレースケール・インベストメンツが、仮想通貨のバスケットから利益を得ることを目指す金融商品で、米金融取引業規制機構(FINRA)の認可を取得した。

本商品は一般的に有価証券とされる商品であるが、私募証券を提供するのと同様に適格・機関投資家向けの商品であるため、米SECへの登録は行なっていない。名称は「Grayscale Digital Large Cap Fund(DLC)」で、OTC市場でのティッカーシンボルは「GDLCF」、同社は米国初の商品だと説明している。

DLCは、時価総額が大きい仮想通貨のバスケットに投資し、利益は仮想通貨の価格変動に基づく。仮想通貨を直接購入したり、保有する必要はなく仮想通貨市場に投資できる手段になる。

バスケットの構成銘柄と組成比率は、80%がビットコイン(BTC)、約10%がイーサリアム(ETH)で、残りの10%をリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)で構成する。この内訳は、DLCで発生する収益というよりは、発生している損失に合わせて変化する。

グレースケール・インベストメンツの予想通りDLCが認可を取得したので、投資家は他の未登録有価証券と同様に、アカウントを通して自由にトレードができるようになる。DLCは2018年2月から適格投資家への私募限定で提供されてきた。証券法では、私募で取引されてきたシェアは1年間で一般販売できるようなる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら