加大手仮想通貨取引所 予告したXRP関連大型プロジェクトの詳細を発表

CoinField XRP関連大型プロジェクトを発表

カナダの大手仮想通貨取引所CoinFieldはXRPの分散型台帳であるXRPレジャー(XRPL)に関連する大型プロジェクトの詳細を発表した。ETFや株、外貨といった「オンデマンド・トークン化資産」の発行・取引を可能にする「Sologenic」というXRPL上で構築されるプラットフォーム(DEX)だ。

Sologenicは、XRPLで構築されたトークン化資産も取引できる分散型取引所(DEX)であり、XRPLを利用する事で取引速度かつリアルタイム利用で、従来の金融市場と仮想通貨市場の架け橋ができることにも大きな期待感を示している。

CoinFieldのこの「Sologenic(ソロジェニック)」では、世界の証券取引所25社に上場している株や有価証券や、ステーブルコインを発行・取引することが可能になるという。

SOLOコイン

まず、Sologenicは独自仮想通貨SOLOをXRPL上で発行し、流動性を提供するために利用するという。

Sologenic上で発行したトークン資産は従来の資産と同様に、法定通貨ペアで担保として第三者ブローカーで清算することができるようになる。

なお、SOLOは既存のCoinFieldに上場するのだけでなく、近い将来ローンチするCoinFieldの分散型取引所DEXや他の主要取引所にも上場する予定だ。

トークン資産の取引

CoinFieldによると、XRPLを利用することで、Sologenic上の取引は非常に迅速に完結する。「ユーザーは、トークン化されたETFや株、外貨を容易に取引することができる。例えば、テスラの株をステーブルコイン化したTSLAƨや米ドルステーブルコインUSDƨを発行し、XRPとSOLO建てで取引・還元することもできる。」と説明した。

CoinFieldのCEOは今回の発表に際し、「我々は世界中の人々が容易にブロックチェーンを介して証券取引所を利用できるようにつとめている。例えば、東京に住んでいて、随時にナスダックや香港証券取引所などの株を1つのプラットフォームで取引することができるわけだ。」と説明し、「XPRLでオンデマンドでトークン資産を発行し、様々な法定通貨建てでトレードできる。目標は、Sologenicで株への投資を行うことによって仮想通貨の利用普及を促進することだ。」と語った。

SOLOコミュニティ

Sologenicはコミュニティベースのエコシステムであるため、ユーザーは事項決定イベントに参加することができるという。また、「SOLOコミュニティファンド」と「SOLOエクスペンションファンド」の投資プールから恩恵を受けることも可能としている。

さらに利用者は、自主的にリワードプログラムに参加し、年率20%のリワードを得ることも可能だという。

ロードマップによると、2019年12月にはSOLOの発行を行い、2020年Q1にSOLOの取引が可能になる。なお、DEXのローンチはQ2で、株などのトークン資産の取引開始はQ3に予定している。

CoinPostの注目記事

XRPネットワークの非中央集権化進む 80%が第三者機関の運営に
仮想通貨XRPを支えるネットワークの非中央集権化が進んでいる。XRP Ledgerに関するバリデータリストが更新、ネットワークのノードの約80%がリップル社とは関連しない第三者機関で運営されている状況に。
仮想通貨XRP急伸 目先材料を二つ控える中
XRP価格が急伸。SWELLや「CoinField」がXRP台帳に基づいた大型プロジェクトなど、目先材料を控える中で市場の関心が拡大した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら