リップルが新たな投資計画、XRP関連のファームウェア構築で

リップルが新たに投資を計画
リップル社の投資部門は、新たなバージョンのXRPのツールキット及び全てのXRPレジャーに対応するハードウェアウォレットのファームウェアを構築するため、新たな投資計画を発表した。
Xpringとは
リップルの新しいイニシアチブで、実績のある起業家が運営する企業やプロジェクトに投資、育成、買収、助成金を提供。2018年5月14日より始動している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

リップルが新たに投資を計画

リップル社が新たにスウェーデンのスタートアップ「Towo Labs」に投資を行う計画をしていたことが分かった。ハードウェアウォレットのファームウェアを構築することが目的だ。

リップル社のVC投資部門であるXpringが公表した文書によれば、新たなバージョンのXRPのツールキット及び全てのXRPレジャーに対応するハードウェアウォレットのファームウェアを構築するため、同スタートアップへの投資を計画している。

ファームウェアとは、ハードウェアで実行するソフトウェア機能のことで、Towo Labsが公表した内容では、同社は複数通貨間の決済や仲介、注文、トラストラインの署名のサポートを行う予定だという。

最近では、Xpringが分散型決済プラットフォーム「Logos Network」の買収を行うなど、XRPを基にした分散型金融商品(DeFiプロダクト)の開発事業にも乗り出すなど、XRPのデリバティブやローンなどの金融商品の構築を試みている。

Xpringの責任者Ethan Beard氏は先月、XRPの生態系(エコシステム)を拡大するためのツールを開発していると明かしており、投資部門のVCとしてのXpringの立ち位置だけではなく、開発も手がけることにもより注力する姿勢を示していた。

CoinPostの関連記事

「複数の銀行が『リブラ協会』参加に関心を示している」Libra幹部が発言
リブラ協会最高執行責任者は、「銀行を含めた複数の企業が協会への加入に関心を示している」と発言した。現時点で、リブラ協会に参画している銀行は存在していない。
リップル社出資のDeFiプロジェクト 取引所バイナンスでIEO実施へ
Rippleも出資する「Kava Labs」はバイナンスのプラットフォーム「Binance Launchpad」を介して、IEOで3億2600万円の資金調達を実施予定。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら