海外アナリスト、株のフローアプローチ論でビットコイン(BTC)半減期後の価格予想

Global Macro InvestorのCEOが、株のフローアプローチ論によりビットコインの将来価格を予想するアナリストのPlanB氏をPodcastに招き、 氏の提唱する「BTC10万ドル」の根拠について言及した。

ビットコイン(BTC)半減期後の予測

仮想通貨ビットコインは、2020年5月に予定されているビットコインの3回目のマイニング(採掘)報酬の半減期まであと6ヶ月に迫っている。

過去には、この期間にビットコインの値段が80-140%上昇した事もある。

では、半減期後はどうなるのだろうか?

最近、Global Macro Investor and Real Vision Groupの創立者兼CEO,Raoul Pal氏が株のフローアプローチ論によりビットコインの将来価格を決めている人気アナリスト、PlanB氏をPodcastに招き、それについて語った。

PlanB氏は

「株のフローモデルに共和分(コインテグレーション)を取り入れて考えた場合、半減期から1年〜1年半後辺り(2021年頃)にBTC価格は10万ドル(約1,100万円)を超えている必要がある。」

などと、独自の見解を主張。以前にもTwitterでBTC採掘難易度の底と強気相場の傾向を分析、過去の傾向から高騰が期待できる根拠としている。

ビットコインが、10万ドル(約1,100万円)に届かなかった場合はとの視聴者の質問に対し、

おそらく崩れるだろう。そんなことは期待していないが、大きな相場のテストになるのではないか。

と述べた。

ビットコイン半減期後への注目度

そのほか、「半減期は、金(ゴールド)市場の参加者も高い関心を持つのではないか」とも言及。

PlanB氏自身は、業務として金への投資は行わず、「抵当権や債権でしかない」と述べたが、著名な金や商品のファンドマネージャーとは常に連絡を取り合っており、「金の関係者はデジタルゴールドのビットコインに注目している」とも述べた。

なお、昨年公開されたIncrementum社のレポート「我々はGoldを信じる」にビットコインが初めてお目見えしたが、これについて「Gold投資家が考えを柔軟にすればするほど、少しはデジタルゴールドにも投資しようと考えるようになるかもしれない」と述べた。

6,7ヶ月後に迎える半減期は、固定供給量を半減させるが(今日は1800ビットコインがマイニングされた)、創出されたビットコインの全供給量は変わる事がない。

参考:BitcoinExchangeGuide

関連:

仮想通貨価格に大きく影響する「半減期」とは、ビットコインやライトコインなど過去の事例から独自考察
仮想通貨価格に大きく影響するビットコインなどの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。今夏に控えるライトコインなどの半減期を踏まえ、過去の値動きから可能性とリスクを徹底解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら