中国ビットメイン、米国に世界最大規模の仮想通貨マイニング施設を開設

ビットメイン 世界最大のビットコインマイニング施設開設
マイニング最大手のBitmain社は、米テキサス州に世界最大規模のBTCマイニング施設開設を発表した。将来的には最大出力300MW(メガワット)の能力を持つ計画があり、地域経済への貢献を志向している。

世界最大のビットコインマイニング施設開設

中国の仮想通貨マイニング大手のBitmain社は21日、テキサス州ロックデールに世界最大のビットコインマイニング施設を開設したことを発表した。

施設の置かれる33,000エーカー(13,000ヘクタール)の広大な敷地を所有するのは、アルミニウムの世界的なメーカーであるAlcoaのAluminium Company of Americahaで、2018年に25MW(メガワット)のマイニング施設が建設された経緯がある。今回建設した50MW(メガワット)=5万kwのマイニング施設は、将来的に300MW以上の出力まで拡張可能で、世界最大規模の施設になるという。

一般家庭の平均電力使用量ha、1日あたり約10kwとされるため、約5000世帯分に相当する計算となる。

Bitmainのプロジェクトマネージャーは「この施設のローンチは、Bitmainのグローバル展開計画にとって大きな意味を持つ。テキサス州の安定した効率的なエネルギー資源は、仮想通貨マイニングの成長に不可欠な基盤となっている。」としている。

また、Bitmainはテキサス州でのプロジェクトに関して、現地チームの育成やベンダーとして地元企業を想定するなど地域経済への貢献を志向している。

参考:Bitmain 巨大マイニング施設でテキサス州ロックデールに貢献

CoinPostの関連記事

仮想通貨採掘者と採掘施設を繋ぐ「世界デジタルマイニング地図」 ビットメイン社が10月に始動
「ビットメイン」がマイナーとマイニングファームを結びつける世界初のグローバルネットワークの立ち上げを発表した。10月8日に正式にローンチする予定。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら