企業数300超え、中国規制当局が認可済ブロックチェーン企業リスト発表

中国のインターネット規制当局、認可されたブロックチェーン企業のリストを発表
中国の国家インターネット情報局(Cyberspace Administration of China)は、認可を受けたブロックチェーンサービス業者のリストを新たにリリースした。

中国のサイバースペース当局が認可されたブロックチェーン企業のリストを発表

中国の国家インターネット情報局(Cyberspace Administration of China)は、認可を受けたブロックチェーンサービス業者のリストを新たにリリースした。

仮想通貨メディア8BTCなどが報じている。

今回のリストには309の企業、あるいはブロックチェーンサービスが掲載されている。

掲載されている企業の分野も多岐にわたり、金融に限らず医療、サプライチェーン、教育といった様々な分野のサービスが含まれている。

また、個別の企業に関しても、金融系のスタートアップやHUAWEIやアリババなどのテックジャイアントなどが掲載されている。

例えば、HUAWEIで言えば、同社のブロックチェーンサービスHiCloudがリストに挙がっている。

一方で、リストにあるのは、テック系企業のみならず、中国南方航空や中国工商銀行といった中国の伝統的な企業も掲載されている。

特に中国工商銀行(ICBC)は中国4大銀行の一つであり、世界的に見ても有数の規模を誇る銀行だ。また、昨年にはスマートバンキングの実現に向けてブロックチェーン技術の開発を行っていることが報じられている

こういったリストを見るだけで中国ブロックチェーン産業におけるプレイヤーの多様性を窺い知ることが出来る。

ビットコインなどの仮想通貨はその非中央集権性を特徴としており、共産主義国家である中国の政府にとっては管理の手が及ばないという点で大きな脅威となっている。

その一方でブロックチェーン技術に関しては、全ての取引が記録されるため、中央集権的な管理体制に利用されうる技術でもある。

今回のようなリストも、中国の中央集権的な体制の現れであるとして非難する声も見られ、中国がブロックチェーン技術に対し、どのような対応を行っていくのか注目が集まる。

CoinPostの関連記事

ICBC Standard Bank 東京支店長「仮想通貨は金融資産のひとつになっているが通貨とは言えない」
仮想通貨は、フェイスブックが発行を予定するリブラの話題がさまざまなメディアで取り上げられるなど、あらためて注目が集まっている。そこで、ゴールドのマーケットに精通した専門家に仮想通貨についての見解を聞いてみた。
中国大手銀、金融特化のdApps開発に着手 資産のトークン化や決済狙う
中国大手「招商銀行」はブロックチェーン企業Nervosと提携し、決済やトークン化などにおける金融系dAppsを構築すると発表した。リテールと機関投資家向けの銀行サービスにも適用するシステムの開発に着手する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら