「仮想通貨リブラは老朽化した金融システムを改善できる」ザッカーバーグ氏が説明

フェイスブックCEOがリブラのメリットを説明

フェイスブック社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は米国議員に対し、同社が主導する仮想通貨リブラが時代遅れの既存金融システムを改善できることを示している。

ザッカーバーグ氏は22日、米下院金融サービス委員会に向けた公聴会前の陳述書でリブラのメリットを説明した。技術革新をサポートする重要性を訴え、今後も米国が金融領域で世界のリーダー的ポジションを維持することにリブラが有益だという考えを示唆した。

既存の金融システムは人々に不便をもたらしている。

リブラはこのような問題を解決してくれると信じている。

なお、「米国がリブラのローンチを阻害した場合、世界の金融リーダーシップを失い、デジタル通貨の発行を検討中の中国にいずれ超えられる可能性が高い」と忠告している。

フェイスブックの立ち位置

一方、ザッカーバーグ氏は、米国の規制当局の認可が得られるまで他国でもリブラをローンチしないと改めて説明した。なお、すでに21社の加盟企業がリブラ協会に参入していることを取り上げて、フェイスブック社が今後プロジェクトを主導しない方針も明らかにした。

関連リブラ協会ついに始動へ 21社が正式加盟・1500社が加盟に関心

さらに法定通貨と競合する意図はないことを強調。運営組織のリブラ協会は、連邦準備制度理事会(FRB)や他国の中央銀行と協調し、金融政策を阻害しないようにすると語った。

ザッカーバーグ氏は米時間23日、米下院金融サービス委員会の公聴会に出席する予定だ。公聴会ではリブラプロジェクトの計画や、米国の金融サービス等への潜在的な影響について質問に答えることになっている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨リブラの発行で方針変更か 法定通貨バスケット案以外も視野
リブラプロジェクトの責任者は20日、効率的な支払いシステム実現の為、各国法定通貨にペッグした複数のステーブルコインを用意する方法も検討していると語った。先日にはG20で規制なしの発行は認めないとする規制方針が示されている。
米議員「企業のリブラ協会への継続参加を望む」 新規参入企業を賞賛する書簡送付
米国のMike Rounds上院議員が、リブラ協会の創設メンバーに参加することを決めた米アンカレッジを賞賛する書簡を送付した。その書簡では、米国が経済のデジタル化で遅れをとっていることに対する懸念も述べられている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

Celia Wan

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら