米国版バイナンス、日間取引高で過去最高値を記録

バイナンスUS、24時間で出来高11億円を超える
米国版バイナンスの出来高が24時間で1000万ドルを超え過去最高値を記録。

バイナンスUSの出来高、24時間で1000万ドル超え

米国版バイナンスの24時間あたりの出来高が1000万ドルを超えたことがわかった。

Binance.USは今年の9月にサービスを開始したばかりだが、ローンチの10日後にはすでに米国の取引所の一つGeminiを出来高で一時上回る規模に成長している。

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスは米国における規制上の問題から19年9月12日にBinance.comへの米国からのアクセスを停止させることを発表した。

同時に、米国内に拠点を持つ送金業者と提携、米国版バイナンス(Binance.US)をローンチすることで規制面を一部クリアにしつつ、世界有数の市場である米国へのサービス展開を行なってきた。

出典:CoinMarketCap

サービス以来急成長を続けるバイナンスUS

現在米ドルとのペアがある仮想通貨は19種類で、先日、新たにIOTAと米ドルにペッグしたステーブルコインを上場させることを発表した。

下の画像はバイナンスUSへの上場候補リストで、緑に囲まれている通貨が実際に上場されている。このリストの他にAlgorandとDcashも上場済みだ。

出典:Binance US

関連記事:仮想通貨IOTAとステーブルコインBUSDを新規上場

急激な成長を続けているのはバイナンスUSだけではない。

バイナンスが数ヶ月前、新たにサービスを開始したビットコイン先物取引もサービス開始1ヶ月ほどでビットコイン24時間出来高が世界4位に達し、堅調な成長率を維持している。3位に位置する日本の仮想通貨取引所bitFlyerに続く順位に位置する。

関連記事:バイナンスの推定利益が過去最高水準に

CoinPostの関連記事

CZ氏が語るバイナンスの中長期目標は「次世代のGAFA」 仮想通貨業界を主導する存在なるか
初の法定通貨建て取引にロシアルーブルを追加した仮想通貨取引所バイナンスのCEO CZ氏がロシアの現地取材に答えた。目標を次世代のGAFAとしたほか、犯罪者の情報提供も協力するなど政府との協力関係を明かした。
バイナンス、先物取引所でも世界4位に ビットコイン先物出来高が急増
「Binance Futures」が取引を開始して1ヶ月、すでに世界4位の出来高を記録していることがわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら