米連銀、7月から3度目の利下げ BTC市場への影響は限定的に

FRB 0.25%利下げ

米連銀(FRB)は30日の連邦公開市場委員会(FOMC)にて、政策金利を0.25%引き下げ、年1.5~1.75%にすると決定。

2008年のグローバルリセッション以来、今年の7月・9月に続く3回目の利下げに踏み切った。

米中貿易戦争を警戒するFRBは、金融緩和で「世界経済スローダウン」を防ごうとする。

一方、今後の金利政策を「適切に見極める必要がある」とし、一旦打ち止める可能性も示唆。

ビットコイン市場への影響では、前日に利下げに対する投資家らの動きで市場は織り込み済みになったため、限定的な影響に留まった。

ビットコイン(BTC)はモンスターラリー終焉との見方も、FOMC目前で様子見基調|仮想通貨市況
FOMCを控え様子見基調の強まる国際金融市場。ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場も例外ではなく、FRBの声明内容などが注目される。

参考:BBCNews

CoinPostの注目記事

「米ドルのデジタル通貨を発行する考えはあるか?」米国会議員がFRB議長を促す
>米国議員2名が、連邦準備制度理事会のJerome Powell議長に、米ドルのデジタル版の発行を促す書簡を送付。フェイスブック主導のリブラの名も挙げ、現状に潜むリスクを指摘しながら6つの質問を行った
FRBが0.25%の追加利下げ ビットコイン市場への影響は限定的に
米連邦準備理事会(FRB)は18日、米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の引き下げに踏み切った。フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は、年2.00~2.25%から1.75~2.00%に設定、0.25%の引き下げと、2会合連続の利下げを行なった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら