CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)はモンスターラリー終焉との見方も、FOMC目前で様子見基調|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン(BTC)市況
FOMCを控え様子見基調の強まる国際金融市場。ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場も例外ではなく、FRBの声明内容などが注目される。

仮想通貨市況

米連邦公開市場委員会(FOMC)を直前に控えた本日。米経済指標の先行き判断とともに、アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長の声明にも高い関心が集まっている。

これに先駆けトランプ大統領は29日、欧州と日本のマイナス金利政策を例に挙げ、「米国追随するべきだ。FRBが足を引っ張っている」などと圧力を見せている。背景には米中貿易摩擦の影響などで米国の製造業を中心に減速傾向が見られることもあるようだ。

今回の会合でも「25ベーシスポイント(bp)」の3連続利下げが見込まれるが、FRBは短期金利の上昇抑制のため検討するバランスシート拡大について、従来の「量的緩和」とは異なるとの姿勢を示し、安易な金融緩和姿勢を否定している。それだけに、将来的なQE4が示唆された場合、世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサー・ヘイズ氏が指摘するような、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場への資金流入も現実味を帯びてくるか。

関連:『ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ』仮想通貨取引所BitMEXのアーサーが「QE4」を予言

中国の習近平国家主席による「ブロックチェーンを推進する」発言で思惑が発生。マネーフローを確認すると、25日には米国や中国からの大規模な資金流入も観測されている。

なお、2020年半減期に向けて3月27〜28日、ビットコイン(BTC)の大型カンファレンス「ビットコイン2020」が米サンフランシスコにて開催されることがわかった。

ビットコイン半減期カウントダウンサイトの測定によると、半減期は2020年5月中旬に発生する見込みで、残り200日を切っている状況にある。次回半減期での採掘報酬は現在の12.5BTCから6.25BTCへと減少する。

ビットコイン(BTC)市況

30日のビットコイン(BTC)は、前日比0.74%高の101.9万円(9370ドル)付近で推移。

同価格帯に少し長めに在することができれば、眼下に厚めの4h雲が広がるような形となることでロングの優位性は若干高まるか。先日下放れした保ち合い下限と日足雲上限がほぼ重なる位置にあるほか、下落時にてレジスタンスとして機能していた1D200MAも97.4万円まで上昇している。

直近では中国発の強めのファンダが散見されるほか、25日の急騰により投資家のセンチメントは大幅改善されており、FOMO(fear of missing out:取り残される恐怖)が発生しやすい市況にある。その一方で、断続的な急落も散見されるなど市場は半信半疑だ。9500ドル付近の上値も重く、1h雲下で推移。依然として急落リスクは拭えない。

ジハン・ウー氏が共同創業者のミクリー・ザン・ケチュアン氏を解任して代表に就くなどしたマイニング最大手ビットメインの動向を含め、ビットコインキャッシュ(BCH)が相場を先導しているとの見方もあり、メジャーアルトの動きも注視したい。

関連:マイニング最大手Bitmainが紛糾、ジハンウーらが共同創業者を追放

ブルームバーグは、最大2500ドルの高騰を経て、ビットコイン(BTC)の”モンスターラリー”が失速したと表現。10000ドルの心理的節目での反落で、さらなる抵抗に直面する恐れがあると報じている。

大きく動意づいた25日以降の乱高下は一旦終息したが、近いうちに再びボラティリティが急上昇する局面が訪れそうだ。

CoinPostの関連記事

リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響
米リップル社主催の最重要カンファレンス「SWELL 2019」が迫るなか、仮想通貨相場に影響を与え得るポイントを特集した。前回、前々回のSWELL時のXRP価格推移も掲載。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
トレンド転換している可能性を踏まえて立ちまわる必要がある。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧