宝くじの賞金2000万円をビットコイン(BTC)に投じた男性の投稿で賛否両論

宝くじの賞金約18万ドルをBTCへ投資

宝くじで賞金50万ドルを勝ち取ったイリノイ州の男性が、今年5月にその半分をビットコイン(BTC)に投資したことを公表して話題になっている。

男性は、「Joxnlol」というハンドルネームを名乗り、証拠として当たりくじを握りしめた自分の写真も、掲示板サイトの「Reddit」に投稿している。

「Joxnlol」は4月19日に50万ドル(約5500万円)の賞金を獲得し、5月初旬にその半分をビットコインに投じた。50万ドルからは、税金が控除されて約35.7万ドルが手元に残ったため、実際に投資したのは約17万8千500ドル(約1900万円)だという。

男性の行動は、今のところ成功を納めているようだ。5月上旬当時、BTC価格は過去12か月の最安値(3,188ドル)から上昇基調に。6月下旬までに一時14,000ドルに達する場面があるなど、大幅な高騰を演じた。

出典:Coinpaprika

5月1日、BTCの価格は5,400ドル(約60万円)であったが、本記事執筆時現在には約9,300ドル(約100万円)付近で推移している。これまでのところでは「Joxnlol」の投資額は、約65%ほど増加したことが見積もられる。彼はその後の投稿で、今後について以下のように語っている。

少なくとも、もう1年間はホールドして売却せず動かさないつもりだ。緊急時のため、自分のため、そしてタトゥーを入れるためのお金を取っておく。私がこれまで主に賞金で行ったことといえば、新しい車を購入したことと、住宅の頭金を払ったことくらいだ。

ネット上では賛否両論

ネット上では、男性の行動が賛否両論を呼んでいる。

多くのコメントは、宝くじで当選したお金をビットコインに投資したことに好意的な見方だった。

だが、男性がBTCをトレーディングアプリのRobinhoodに保存していることから、コールド・ウォレットへの保管と、第三者機関へ保管を委託することのどちらがリスクが高いか議論がみられた。

また、自分の写真や資産をネット上に公開していることから、犯罪の対象になるのではという懸念も見られる。

「Joxnlol」はこれに答えて、すでに資産50万ドル超の人々の住宅区域に住んでいるため、自分だけが唯一の潜在的なターゲットではなく、「万が一BTCが100万ドルに値上がりしたとしても、もっとセキュリティを真剣に考えて、ホームレスのふりをして木の上に住むから大丈夫」と楽観視した。

統計情報サイトStatistaのデータによると、ビットコインの現在の時価総額は約1,700億ドル(約20兆円)で、2008年から2017年までの州および地方の宝くじ収益の約73%に相当している。

なお、新しい調査では、アメリカ国民の内、3,650万人が何らかの形で仮想通貨を所有していると推定されており、これが正しければ、2018年から2019年にかけて倍に増加している計算だ。

参考:Reddit

CoinPostの注目記事

米国人2700万人がビットコイン保有=コインベース「BTC11周年」記念レポート
ビットコインのサトシ・ナカモト論文11周年を記念し、コインベースが発展の歴史と現況レポートを公表した。国際的な関心増加に伴い、各国に需要を広げている状況を示す。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら