スマホなしでRippleNetを介した送金 新参画企業bKashが明かす戦略:Swell 2019

bKashが見るRippleNetの強み

Swell 2019 Day2に登壇したバングラデシュ発のモバイル決済企業bKashのCEOは、スマホがない送金もRippleNetに対応し、送金が可能になったと述べた。

ブロックチェーンや仮想通貨と相性の良いアンバンクド人口など、より多くの送金需要にリーチできる可能性が見えてきた。

bKashは昨日のRippleが公開した資料で、新しくRippleNetへの参加が判明した企業だ。

バングラデシュではスマホが普及していないものの、bKashは白黒携帯やガラケーでも送金できるソリューションを開発した。

アンバンク(銀行口座を持たない)世代でも携帯電話は持っているため、RippleNetを介して3600万バングラデシュ人にサービスを提供できる。

その上でCEOのKamak Quadir氏は、「バングラデシュでは携帯電話のコストは14ドル(約1500円)。世界において最も民主的なツールだ」と語り、携帯電話とモバイル決済における強みと、送金コストを大幅に低減できるRippleNetの相性を強調した。

これまで取り組みで、銀行を持たない人口の90%はbKashのサービスを通じて金融サービスにリーチできるようになっており、すでに1日あたり670回の送金が発生しているという。

アンバンクをターケットにサービスを提供すると考えているプロジェクトには、フェイスブック社のリブラプロジェクトやバイナンスのヴィーナスなどもあり、仮想通貨の応用事例で実現しようとする動きが強い。

今後、モバイル端末やQRコードだけで決済を行う世代が主流になると見られる。

Swell 2019閉幕

2日連続のSwell 2019は閉幕となり、次回Swell 2020はロンドンにて開催される予定だ。

以下参加者による撮影。

CoinPostの注目記事

大手送金企業マネーグラム、新たに4つの送金ルートを開設 Swell 2019
SWELL2019に、仮想通貨XRPを利用する送金ソリューションODL(旧xRapid)を導入するマネーグラム社のCEOが登壇。新たに4つの送金ルートをオープンしたと明かした。
「リップルネット・ホーム」 Rippleが新たなアプリ型プロダクトを披露=Swell 2019
Swell 2019の2日目、Rippleは新たな統合型アプリ「リップルネット・ホーム」を紹介した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら