イーサリアム共同設立者ルービン氏、中国への協力に意欲を示す

ジョセフ・ルービン氏が中国について語る

イーサリアム共同創設者で米ブロックチェーン企業大手ConsenSys創設者のジョセフ・ルービン氏が、フォーブスのインタビューで最近の中国のブロックチェーン政策について意見を述べ、政府への協力意欲も語った。

中国のブロックチェーン関連政策に関連してルービン氏は、「中国がイーサリアムの専門家になるのを助けたい」と協働の意欲を示した。

理由として「イーサリアムは最も強力なブロックチェーン技術であり、中国の一帯一路構想において(イーサリアムよりも)弱い技術が使用されると(他のブロックチェーンとの)相互運用性が無くなる」とイーサリアムへの自信を覗かせた。

「中国」という一党独裁国家のブロックチェーン利用

また、中国がデジタル人民元と競合する仮想通貨の利用を制限するためにファイアウォールを構築しようとしている動きやブロックチェーンを利用するのが抑圧的な政権である場合については、「中国は14億の人口を抱える巨大な経済圏だが不安定だ。リーダーは絶えず革命を恐れていると思うので人々には一定水準の幸せが担保される。多くの人が不利益を被る不安定な社会は長続きしない。」と楽観視しているようだ。

中国のデジタル人民元の相互利用可能性については「わからない」としながらも、「計算を行い、ファイアウォールが必要か、それとも『アメリカの準備通貨の地位を破壊する素晴らしいものだ』と相互運用性を持たせるか中国のリーダーシップが彼らにとってより有益となる判断を下すだろう」としている。

参考:Joe Lubin Talks Trump, Blockchain’s ‘Frankenstein,’ And Willingness To Work With China

CoinPostの関連記事

「中国デジタル通貨の保有者が、金利を受け取ることはない」中央銀行の開発責任者が発言
中国デジタル通貨の担当者が、デジタル通貨は既存通貨の代替手段であり、金利はないと発言を行った。
【速報】中国人民銀行、デジタル人民元の発行を正式に示唆 公式発表内容と官製仮想通貨の可能性
中国で官製デジタル通貨「DCEP」の計画について、正式の場で発表された。公式内容と、中央銀行がデジタル通貨(官製仮想通貨)を発行することで、一般的にどのような影響が出るかを記載した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら