ツイッター社CEO、アフリカ諸国を歴訪 仮想通貨市場を開拓か

アフリカ市場開拓か

SNS大手ツイッター社のCEOのJack Dorsey氏は、ビットコイン(BTC)支持者としても知られているが、現在アフリカ諸国を訪問中であり、各地のビットコイン開発者達とミーティングを複数進めていることがわかった。全ての国でビットコイン関連のイベントに参加しており、仮想通貨に関する理由でアフリカに訪れているようだ。

Jack Dorsey氏がアフリカを巡るツアーは、現在2ヶ月目に差し掛かっており、これまでナイジェリア、ガーナ、エチオピア、南アフリカの地を訪れており、土地柄とDorsey氏の報告から、ビットコイン関連の視察ツアーである可能性が高まっているという。

BitcoinKE社の調査によると、これらの国は「Bitcoin」というキーワードの検索数が多い地域であり、世界中の検索数を各国で比較では、ナイジェリア、南アフリカ、ガーナが上位3位を占めているという調査結果が発表されていた(19年4月)。自ずとビットコイン関連の開発者も多い地域であることが推測できる。

関連アフリカでビットコインの需要が増加する理由

企業家でブロックチェーンの普及に向けたイベントを開催するJacob Kostecki氏も、ツイッター社CEOアフリカ訪問のポイントとして以下の3点の特徴があると指摘した。

  1. アフリカでの複数ローカルなBTCミーティングへの参加(全ての国でBTC関連のイベント参加)
  2. 銀行を持たない人達のために金融サービスを届けるCashAppを開発・運営
  3. 暗号技術普及者やコア開発者の採用

土曜日にナイジェリアを訪れたタイミングでは、Dorsey氏は地元の仮想通貨コミュニティと顔を合わせを行い、ガーナに到着した日は、同地の仮想通貨取引所「BitSika」のCEOであるAtsu Davoh氏と一緒に撮影した写真を投稿した。

Dorsey氏は、ツイッター社の他にSquare社のCEOも務めている人物で、運営する送金アプリ「Cash App」関連の営業で、アフリカに出向いている可能性が指摘されている。同アプリは、ビットコインの売り上げが、2019年第3四半期(7月から9月)に最高額を記録、1億4800万ドル(約160億円)に達している。

アフリカ市場のポテンシャル

アフリカでは、銀行インフラの整備が不十分な国が多く、ナイジェリアなど政治不安から法定通貨のボラティリティが高い国もある。銀行や法定通貨に代わる金融インフラとして仮想通貨への関心が高く、ビットコイン市場にとって大きなポテンシャルがあると注目されている大陸になる。

例えば、ケニアでは電子マネーの利用者数が、2016年時点で人口の約70%に達しているデータもあり、銀行インフラの普及を飛ばした形での決済システムの発展がみられる。また、南アフリカの事例では、技術系ウェブサイト「MyBroadband」が昨年4月に行った調査によると、今までに仮想通貨を購入したことのない国民のうちおよそ50%が、仮想通貨への投資を検討しているという。

ツイッター社以外にも、すでに多数のブロックチェーン企業がアフリカに進出しており、大手仮想通貨取引所バイナンスは、ナイジェリアの法定通貨を取引ペアとして追加し、地元の企業家と連携を探り始めている。

関連バイナンス、初の法定通貨ペアに「ナイジェリア・ナイラ」

CoinPostの関連記事

ツイッターCEO運営のCash App、BTCの売上最高額を記録 米国の仮想通貨需要が増加か
Twitter社のJack Dorsey氏がCEOを務めるSquare社の送金アプリ「Cash App」におけるビットコイン(BTC)売り上げが、第3四半期に最高額を記録。
ツイッターCEO、リブラ協会には「断じて参加しない」 ビットコイン擁護派故の判断か
SNS大手ツイッターのCEOを務めるJack Dorsey氏は、ライバル企業フェイスブック社が主導するリブラのプロジェクトに「断じて参加しない」と明言した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら