詐称不可能、ブロックチェーンを利用した職歴情報サービス「職歴BANK」が日本で登場

職歴BANKとは

ブロックチェーンを活用した、「嘘がつけない」職歴情報サービスが日本で登場した。

ブロックチェーン企業のSKILLはブロックチェーンを活用し、経歴の詐称や改ざんを不可能にした、信頼性の高さを特徴とする人材マッチングサービスである「職歴BANK」のサービスを提供開始する。

企業は採用を行う際、応募者の履歴書に記載されている経歴、職歴を見るだけでなく、実際に応募者の元同僚や上司などにコンタクトをとり、経歴に嘘偽りがないかや、勤務態度などを確認することがある。これらはリファレンスチェックと呼ばれ、中途採用や転職をする際に行われることが多い。

職歴BANKでは、利用者がリファレンスチェックを第三者に依頼し、その結果をブロックチェーンに記載することで、転職などの際に自分の職歴を証明する手段として利用することができる。

企業は信頼性の高い職歴情報を元に採用オファーを送ることができ、利用者側にとってもオファーを受け取ることで換金可能なポイントを獲得できる。

SKILLはブロックチェーン関連サービスの開発を手がける企業で職歴BANKの他に、ブロックチェーンのメリットを活かしたHR(人事)関連のプロダクトを開発している。

CoinPostの注目記事

ソフトバンクや日本IBMら、ブロックチェーン利用のキャリア間決済システムを20年にも首都圏で導入へ
ソフトバンクは日本IBMと米ブロックチェーン企業TBCASoftらと提携し、2020年には首都圏でキャリア間決済システムの導入を目指す。
中国大手アリババの決済部門、企業向けブロックチェーンの実証実験を開始
中国Eコマース大手Alibabaの支払い部門を担うAnt Financial社が、企業向けブロックチェーンプラットフォームのテストを開始。中小企業の活用を見込み、3ヵ月後の2020年2月にも本稼働を予定する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら