広範囲の仮想通貨決済実現へ 欧州大手決済企業とBitcoin Suisseが提携

スイスで仮想通貨決済拡大へ

仮想通貨サービス企業Bitcoin Suisseと欧州大手決済企業Worldlineが、スイスで仮想通貨決済サービスを提供するため、パートナーシップを締結した。

両社は、スイスの小売店や顧客に、実店舗とオンラインストアの両方で仮想通貨を利用してもらい、広範囲の企業・業界で仮想通貨決済の実現を目指す

今回の提携の目的は、スイスでの仮想通貨サービスにおいて中心的な存在となれるよう立場を強化することにある。最終的な目標は、仮想通貨決済を実現して、Worldlineのネットワークを拡大することだ。

本サービスでは、Worldlineが2018年に買収したSIX Payment Services社の決済インフラを利用する。その他の詳細については、チューリッヒで開催される「Swiss Payments Forum」で発表されるという。

今回の提携に際し、Bitcoin SuisseのArthur Vayloyan CEOは「Worldlineとのパートナーシップで、仮想通貨決済の拡大に向けて大きく前進した。歴史に残る一歩を踏み出し、他者の道標となることを決断したWorldlineの開拓精神を称えたい」と語った。

スイスでは800超の企業が仮想通貨サービスを開発したり、実際に仮想通貨企業やブロックチェーン企業にサービスを提供している。スイスの「クリプトバレー」は、業界で有名な地域へと成長しているという。Bitcoin Suisseは仮想通貨の取引や仲介、保管業務ですでに6年以上の経験を持っているが、今後は仮想通貨利用の拡大を目指す。

Worldlineのサービスは8万5000店舗以上の小売店が利用している。Worldlineは今回の事業がスイスで成功したら、仮想通貨決済を欧州全体に拡大していくと説明している。

参考資料 : Bitcoin Suisse

CoinPostの関連記事

スイスで「仮想通貨銀行」が誕生 機関投資家含む顧客へ口座受付を開始
銀行ライセンスを取得したSEBAが仮想通貨銀行のサービスを開始。カードや伝統的な金融サービスも提供しており、それらが仮想通貨取引普及の糸口になると期待される。
国際決済銀行 中央銀行デジタル通貨発行でスイス中央銀行と協業
欧州中央銀行など26カ国の中央銀行の役員からなる国際決済銀行(BIS)が、中央銀行のデジタル通貨発行に向けて、スイスの中央銀行と協業。分散型台帳技術の利用から実際の運営まで、実践的な研究を進める。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら