中国のブロックチェーン・仮想通貨企業の米IPO申請続く

新たな米IPO

中国最大手保険企業「平安保険」のブロックチェーンフィンテック子会社OneConnect(ワン・コネックト)は現在、米国での新規株式公開(IPO)を申請している。米SECのデータベース資料で判明した。

平安保険は、ブロックチェーン・AI・ビッグデータの開発に取り組んでおり、OneConnectは独自のブロックチェーン「FiMAX」の運営を行なっており、ソフトバンクの「Vision Fund」からの出資も受ける企業だ。

現在、香港の中央銀行(HKMA)はFiMAXを導入し、貿易金融プラットフォーム「eTradeConnect」を構築しているという。

資料によると、OneConnectは1〜9月の間、計2.18億ドルの売り上げを記録した。

OneConnectのIPO申請は、中国大手仮想通貨マイナーCanaanとBitmainに続く動きとなり、直近一ヶ月のIPO申請動きから、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業の米IPO申請ラッシュの始まりになるのではないか。

関連大手Canaan、前年同期比で40%収益増 米IPO申請資料で判明


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

Celia Wan

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら