アンチ広告ブラウザ「Brave」ローンチでBAT上昇、ビットコイン(BTC)は膠着状態|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況
膠着状態の続くビットコイン(BTC)。アルトコイン市場では、海外で人気のアンチ広告ブラウザ「Brave Browser 1.0」が正式ローンチ、関連する仮想通貨BATが前日比一時9%高と上昇を見せた。

仮想通貨市況

本日、無料オープンソースブラウザ「Brave Browser1.0」がローンチした。Windows、macOS、Linux、Android、およびiOSで利用可能となる。

これに伴い、仮想通貨(Basic Attention Token:BAT)が前日比一時9%高と上昇した。

Braveは、サードパーティの広告、トラッカー、ビデオの自動再生を自動的にブロックすることにより、セキュリティを優先するプライバシー重視のブロックチェーンだ。ベータ版ではすでに月間800万人のユーザーと280万デイリーユーザーを獲得。YouTuberやTwitterユーザーを含む290,000もの認定パブリッシャーを有している。

関連:仮想通貨BAT利用の「Brave」ブラウザー 月間ユーザー数800万突破

不要な広告が全面的にブロックされることで、表示スピード向上効果でブラウジングコストも大幅圧縮。短縮された合計時間も表示される。

仮想通貨BATとは

BATとは、仮想通貨イーサリアム上で開発されている仮想通貨。ICO時は、わずか数十秒間で38億円相当を調達。Braveブラウザ上で特定の広告を閲覧することで、広告主から閲覧者にBATが支払われる仕組みが画期的だとして、海外を中心に大きな反響を呼んだ。

Brave Rewardsには、ユーザーがBrave Adsにオプトイン(許諾設定)すると、利用者やコンテンツ創作者、広告社に対し、広告閲覧で独自のブロックチェーントークン「BAT」を報酬として付与する仕組みがある。

好みの記事を読んだり、お気に入りのクリエイターをサポートしたい場合、サイトやクリエイターに仮想通貨トークンBATを提供できるほか、Braveと提携する米オンラインウォレットサービス「Uphold」を介して法定通貨に換えたり、それらのトークンをギフトカードやレストランなどのバウチャー(割引特典)と交換できる。

出典:uphold

また、Braveは広く普及するGoogleChromeに類似してるが、いずれもオープンソースのウェブブラウザのプロジェクト「Chromium」で構築されているため、BraveはChrome拡張機能とテーマを使用できる。

ビットコイン(BTC)市況

14日のビットコイン(BTC)は、前日比-0.18%安の94.9万円に。

上下のヒゲに挟まれたペナント形成で方向感が定まらず、触りづらい局面が続いている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨価格に大きく影響する「半減期」とは、ビットコインやライトコインなど過去の事例から独自考察
仮想通貨価格に大きく影響するビットコインなどの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。今夏に控えるライトコインなどの半減期を踏まえ、過去の値動きから可能性とリスクを徹底解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら