債権の分割所有を可能に 米金融大手ノーザントラスト、ブロックチェーン債権プラットフォームの提供へ

ノーザントラストのブロックチェーン基盤の債券取引市場

米金融サービス大手のノーザントラストは、シンガポールのフィンテック企業BondEvalue社と戦略的パートナーシップを締結。ブロックチェーン技術を利用した「債券の分割所有を可能にするプラットフォーム」の提供に乗り出す。

2016年に設立されたBondEvalue社は、債券投資に特化したモバイルプラットフォームを開発、債券市場の簡素化を目指している。今月初め、同社はシンガポール金融管理局(MAS)のサンドボックス制度「Sandbox Express」への参加が承認され、ブロックチェーン基盤の債権取引プラットフォームの開設を発表していた。

MASの「Sandbox Express」は、迅速で簡易な認可条件の下、約9ヶ月間の市場試験を通して、「実際の顧客から早期のフィードバックを収集する機能」を提供し、当該企業による「イノベーション成功の可否判断」を支援するプログラムだ。

一方、IBMとプライベートエクイティ市場向けのブロックチェーン管理システムを共同開発(のち投資サービス企業へ売却)した経験を持つ米大手「ノーザントラスト」は、同プラットフォームに資産サービスとデジタルソリューションを提供する。

提携したBondEvalue社では、額面20万米ドル(約2170万円)という債券を分割してトークン化(STO一種)することにより、最小投資額が1000ドル(約11万円)という個人投資家でも手の届く投資商品を展開するという。

BondEvalue社の創設者Rahul Banerjee氏は、次のように述べている。

債券市場は富裕層だけに制限されるのではなく、株式のようにすべての人がアクセスできるようにすべきだ。

昨今、アジアでホールセール債券に投資できるのは5万人程度に限られるが、今後3年から5年の間に、個人投資家の数を2500万人以上に増やしたいと、同氏は付け加えた。

また、ノーザントラスト責任者Justin Chapman氏も、BondEvalue社とのパートナーシップを通して、ブロックチェーン技術が「従来、機関投資家にしか利用できなかった投資に、より多くの投資家グループがアクセスできる可能性」をもたらすと大きな期待を表明している。

債券市場の現状

現在の債券市場は、そのほとんどが店頭取引で、そのプロセスは非効率的で価格設定が不透明という問題を抱えているという。

BondEvalue社は、コンソーシアムブロックチェーンHyperledger Sawtoothを基盤にしたブロックチェーン技術を活用して債券の電子取引を可能にし、債券市場に株取引と同等の、価格の透明性と即時決済という利便性をもたらそうとしている。

Hyperledgerの業務執行取締役であるBrian Zehlendorf氏は、次のようにBondEvalue社のプロジェクト開始を歓迎し賞賛している。

BondEvalue社は、Hyperledge Sawtoothのパーミッション型ブロックチェーンが提供する透明性、セキュリティ、効率性の強化を通じて、より広い範囲で金融包摂を実現できるようになる。

これは、パーミッション型ブロックチェーンが従来の市場を破壊的に大きく変革させ、新しく、興味深いビジネスモデルとチャンスを提供する好例だと言える。

参考:LedgerInsights報道

CoinPostの注目記事

米金融大手「ノーザントラスト」がブロックチェーン事業を売却・譲渡
米メガバンク「ノーザントラスト」が、非上場株の運用に活用するブロックチェーン開発の事業譲渡することが明らかになった。事業を引き継ぐ米国の金融企業ブロードリッジ社は、業界の透明性向上や業務コスト削減を目指す。
スイスで「仮想通貨銀行」が誕生 機関投資家含む顧客へ口座受付を開始
銀行ライセンスを取得したSEBAが仮想通貨銀行のサービスを開始。カードや伝統的な金融サービスも提供しており、それらが仮想通貨取引普及の糸口になると期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら