仮想通貨ネムの「カタパルト」 ブランディング委員会が初の進捗情報を配信

カタパルトブランディングの最新情報

ネム財団のAlex Tinsman理事長は、「カタパルト」のブランディングについて、最新のアップデートを投稿した。今回の投稿は、ブランディングに関する初の進捗情報の配信となる。

2020年Q1に向けて、カタパルトの在り方を新たな角度から見ることを主なテーマとしている。

ブランディングは従来のネムではなく、新ブロックチェーン「カタパルト」に特化したものだ。ブランディングを担当する「カタパルトブランディング運営委員会」の参加メンバーには、Tinsman理事長をはじめ、CTOのNate D’Amico氏やJeff McDonald評議員も参画している。

本投稿の要旨は以下のように分類される。

  • カタパルトブランドの市場調査
  • 企業向けカタパルトの将来性
  • ブランディングタイムライン(予定表)

カタパルトブランドのための市場調査

企業に向けるカタパルトブランドを担当するのは、「ブランドエージェンシー」で、これまでネムとブロックチェーンの市場調査を行なっていた。

幅広い市場リサーチを行った結果、①「ネムはコインチェックのハッキングなどによってブランドが損なわれている」 ②「企業クライアントは現在のネムに馴染みを持たない」 ③「リップルやR3、イーサリアムはそれぞれの分野でブランドが確立している」との3つの課題点を説明した。

企業向けカタパルトの将来性

カタパルトは、企業向けのプロトコルプラットフォームを重視。ブランドエージェンシーと委員会も、ブランドを構築するために必要なステップを考えた結果、カタパルトは最も企業に適しているという結論に至ったという。

企業向けの土台「ビルディングブロック」として、流動性・信用・実用性等を注力分野として取りあげた。

委員会は、カタパルトを「ビジネスに、安全かつ信頼できる価値移転のネットワーク」として売り出すという。

出典:forum.nem.io

カタパルトのブランディングについては、Tinsman理事長は先月、顧客目線での構築に対する決意を表明している。

参考:公式発表

CoinPostの注目記事

仮想通貨NEMの「カタパルト」 メインネットの予定日程を正式公開
仮想通貨NEM(XEM)に関連した新たなブロックチェーン「Catapult」のメインネットローンチ予定日が決定。ネムの「マイグレーション委員会」が15日に発表した。
1月仮想通貨ランキング/時価総額上位通貨のニュースまとめ
2018年1月の仮想通貨時価総額ランキングとニュースまとめ 時価総額上位通貨の情報と今後の動きについてをま...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら