アクセスが困難な送金市場 仮想通貨XRPのODLで展開=英送金業者Mercury FX

Mercury FXが状況説明

RippleNetに参加している英送金業者Mercury FXは、仮想通貨XRPを利用するODL(旧xRapid)のメリットと送金事業について語った。最新のRippleInsightsで判明した。

RippleNetに参加した最も大きな理由が送金手数料であるという。Mercury FXを利用する顧客の送金額高く、手数料が高いことが不利な要素になっていると、Alastair Constance CEOは明かした。

そして、手数料を大幅に下げるために仮想通貨XRPを利用する送金方法のODLを試行することも決断。トライアルとして米ドルからメキシコペソの送金ルートで、メキシコの孤児院への寄付を行なった。「これまでメキシコに送金するのは至難な業であった。通常3日が必要となり、平均50ドルの手数料はかかっていた」と説明。ODLを利用した結果、数秒以内で送金が完了し、50ドルの手数料はたったの2ドルに削減できたことを明かした。

トライアルに成功したMercury FXはその後ODLを利用し、メキシコ食品を輸入する英企業の決済を処理していた。

「食品輸入業者にとって、決済の所有時間は非常に重要だ。ODLによる迅速な決済時間で、業者は通常より3日早く注文した品物を受けることが可能になった」と説明し、「RippleNetを用いて、これまでアクセスが困難な市場でも我々の企業・個人クライアントは自由に取引できるようになる」と、時短な決済時間による恩恵を語った。

市場拡大

Mercury FXは米ドル⇨メキシコペソのルートだけでなく、フィリピンへの送金にもODLを活用しているという。UAEのフィリピン労働者が増加しているため、ドバイに新たな事務所を設置し送金の需要に対応するとしている。

参考:Ripple Insights

CoinPostの注目記事

大手送金企業マネーグラム、新たに4つの送金ルートを開設 Swell 2019
SWELL2019に、仮想通貨XRPを利用する送金ソリューションODL(旧xRapid)を導入するマネーグラム社のCEOが登壇。新たに4つの送金ルートをオープンしたと明かした。
ペルー大手銀行、仮想通貨XRPを介すODLを新規導入:Swell 2019
Swell 2019にて、新たにペルー大手銀行Interbankが仮想通貨XRPを利用するODLを採用したことがわかった。責任者Joisie Mantilla氏は、さっそくODLの利点をスピーチで述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら