海外大手取引所KuCoinがグローバルマーケットでブランド力を確立した背景を語る

海外大手取引所KuCoinがグローバルで成長を続ける背景に迫る

日本企業IFA株式会社のトークン「ARCS」(ティッカーシンボル「ARX」)の上場をした、海外大手仮想通貨取引所KuCoin。

実際に、どういった理念のもとでグローバル展開を行なってきたのか?Vice Presidentであるリュウ・ジョニー氏にインタビューを行なった。

KuCoin社が大手海外取引所へ成長した背景や、取引所の生き残りをかけた戦いのなかで継続的に取引所の運営を行う秘訣を語っていただいた。

※こちらの記事はIFA株式会社によるPR記事となります。

グローバルに展開する海外大手取引所KuCoinとは

KuCoinについて簡単にご紹介いただけますでしょうか?

ジョニー氏:

弊社は2017年8月に設立した仮想通貨取引所です。スタートした時期はちょうど中国政府が仮想通貨(暗号資産)に対する方針(ICO 融資リスク予防に関する公告)を発表した頃で、我々は最初からグローバルのマーケットを狙いに行きました。2017年の年末には仮想通貨市況の暴騰に伴い多くのユーザーを獲得し、2018年には300万人を超え、現在の登録ユーザー数は500万人以上に達しています。第三者の調査レポートによると、我々のユーザーは各国に広く分散しており、その分布率は世界一レベルと発表いただいております。

世界各国にユーザーを抱えるKuCoin

ユーザー分布はいかがですか?

ジョニー氏:

100以上の国や地域に分布しており、大まかにアメリカ、ヨーロッパ、アジアそれぞれ1/3ずつのユーザーがいます。一時期は、日本人ユーザー数は我々のトータルユーザー数の中のトップ3に入っていました。アジアでのユーザー数が最も多いのは日本と韓国で、その次は東南アジアです。以上が大体のユーザー分布となります。

KuCoinが考えるブランディングの秘訣とは?

二年間運営され、海外の取引所として有名になったと思います。ブランディングに成功した理由を教えてください

ジョニー氏:

我々はユーザーの立場から物事を考え、ユーザーのニーズを念頭に入れて常に動いています。

これを軸にブランディングを行ったところ、成功した理由は3つあると考えています。

1つ目はサービス面です。

数ある取引所の中で、我々は最初に7日24時間のオンラインカスタマーサービスをスタートさせました。そのサービスの構築においては、ユーザー体験、アセットの安全性、管理の利便性などを最重要視しています。

2つ目はセキュリティ面です。

会社設立以来、顧客資産流失が一度もありません。このような実績を持つ取引所は少ないかと思います。

3つ目はプロジェクト面です。

ユーザーには良質な投資をしたいというニーズがあるのでプロジェクトの選定は重要です。技術主導のブロックチェーン業界において、我々KuCoinのファウンダーには技術者出身が多く、プロジェクトの選定基準が厳しいものとなっております。ブロックチェーン業界の発展にはテクノロジーが必要不可欠で、この業界で生き残るのはテクノロジーに優れた企業のみになるでしょう。高いテクノロジーは必ずバリューと結びつく。ユーザーはテクノロジーに優れたプロジェクトに投資することで、利益という形でそのバリューを手にすることができます。

先ほど申し上げたサービス面、セキュリティー面、プロジェクトの選定の3つが、世界中の皆さんからKuCoinがご愛顧いただく理由です。

また補足ですが、我々KuCoinのファウンダー7人の中には技術者出身が5人います。CEOを務めているマイケルは元々アリババファイナンス業務のシニアエンジニアでCTOを務めていました。エリック社長はShandaグループやハイエンドの教育業界、ゲーム業界、セキュリティー業界でさまざまな経験を積んでいます。

KuCoinのオフィスについて

現在何名ぐらいの方が働いていて、オフィスはどちらの国にあるのでしょうか?

ジョニー氏:

オフィスはシンガポール、中国、フィリピン、ブルガリア、タイといった5つの国にあり、従業員は300名以上います。コアとなる部門が3つあり、テクノロジー部門に100名以上のエンジニアが、カスタマーサービス部門にも約100名の人が所属し、残りの従業員は経営者やオペレーターなどを担当しています。

KuCoinはなぜ自社製のソースコード開発にこだわるのか?

KuCoinさんからホワイトラベルを行おうとしないのはなぜでしょうか?

ジョニー氏:

我々の持っているKuCoin、Kumex、Xpoolというプラットフォームで行なっている現物、先物、マイニングプーリングを含めた業務全てのプログラムのソースコードは我々のチームが開発したものです。

この業界で大事なことは自社内で優れたソースコードを開発できるかどうかだと思っています。もし開発が可能であれば高いポテンシャルを秘めていると考えられます。特にブロックチェーン業界の開発はハードルが高いので、どこの取引所でも出来るという訳ではありません。実は、今数多くの取引所はホワイトラベル(ある企業が独自で開発した製品やサービスを他の会社が自分のブランドとして販売できる権利)によって、プラットフォームを作っています。しかし弊社では一切ホワイトラベル使用しておりません。なぜならホワイトラベルを利用すると、自社のセキュリティ面強化や機能の追加が困難になる場合があるからです。

ソースコードは我々にとって、トップシークレット、そして企業の価値だと言えます。

なので、我々が開発したソースコードはKuCoinのみで使われています。他社は使っていません。そしてそこがKuCoinの強みだと考えております。この2年間常に技術開発を進めてきました。

サステイナブルな取引所とは

今後はどのような取引所が持続可能となっていくでしょうか?また、そのような中でKuCoinさんはどう成長していきたいとお考えでしょうか?

ジョニー氏:

2017年末から2018年初にかけて、仮想通貨市場の暴騰につれて取引所の数が急速に増え、その後市況が一転して大幅に暴落したことで多くの取引所が無くなりました。2019年は緩やかに上昇しているトレンドですが、ここで生き残っている取引所は技術面も安全性も口コミも良い取引所だと思います。

これから新しく出てくる取引所はユーザー及びプロジェクト、投資資金の獲得が容易ではないでしょう。セキュリティー面やテクノロジー面でも困難な点が数多くがあります。これからグローバルに展開することは非常に難しく、たとえ取引所を運営したとしても一部の国や地域に限って事業を進めていく形になるのではないかと思います。

KuCoinは今後さらに技術力を向上させ、より多くの取引を効率よくできるように注力していきたいと考えております。また、我々はグローバルマーケットを狙っているので、各国に良いプロジェクトを持つチームや運営に得意なチームと提携しながらビジネスのローカライゼーションを行っていくことも視野に入れています。国によってニーズが違うので、ローカライゼーションを進めることで現地ユーザーにもっと満足して頂けるようなサービスを提供することが可能になるでしょう。いずれは、現物、先物、マイニングプーリング、パブリックチェーン、教育を含め、ラインナップを弊社に増やしていきたいです。

インタビューにご協力いただきありがとうございます

ジョニー氏:

こちらこそ、ありがとうございます。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します