カルダノ財団、仮想通貨ADAで決済できるサービス「AdaPay」 をローンチ

カルダノで決済できるサービスを開始

カルダノ財団が、仮想通貨カルダノ(ADA)で決済できるサービス「AdaPay」 を開始したことを発表した。

今回の決済サービスは、企業向けフィンテックプラットフォームを提供するCOTIと共に開発。今年10月にはサービスの概要を発表しており、11月の立ち上げを予定していると説明していた。

本サービスを利用する加盟店は、ADAで支払いを受け付けることができるようになる。支払いはQRコードを読み込む方法でシンプルだが、決済方法を説明した日本語の動画も用意した。支払い後はほぼリアルタイムで法定通貨に両替して加盟店の口座へ入金される仕組みで、対応している法定通貨は35種類だ。

今後は貸付サービスやデビットカードの発行など、ADAを利用する人々へサービスを拡大していく予定だという。

CoinPostの関連記事

「9月はADA(カルダノ)にとって非常に重要」創設者がアップデート予定を公開
カルダノ(ADA)の創設者Charles Hoskinson氏はAMAで9月に複数のアップデートを公開すると説明した。PoSの次期テストネット実装やスケーリングプロトコルなどを相次いで公表すると予定。
200万件以上のホテル予約、20銘柄以上の仮想通貨決済が可能に Booking.comとTravalaが提携
仮想通貨で宿泊料金を支払うことができる旅行プラットフォームTravalaは、大手Booking.comと提携、230か国以上の宿泊先で仮想通貨決済により予約が可能に。ホテルの数で世界最大のオンライン旅行代理店へ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら