米コインベースのVisaカード、ステーブルコインに初の新規対応

コインベース・デビットカード、DAIを対応へ

仮想通貨取引所コインベースのVisaデビットカードが、新たにステーブルコインDAIの対応を開始した。Coinbase Cardの公式発表でわかった。

DAIはコインベースカードが最初に取り扱うステーブルコインになる。

「コインベースカード」は今年4月にローンチされ、UKおよび欧州連合の加盟国のVisaカード対応の端末でコインベースの口座を介して直接仮想通貨での決済ができる。

現在、ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコインの他、BCH、BAT、REP、XLM、ZRXなどのコインベース上場銘柄も取り扱っている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンスが旅行サイトと提携、仮想通貨払い可能なカード発行へ
バイナンスが旅行予約サイトTravelbyBitと提携、BTCやBNBなど仮想通貨払いができるトラベルカードの発行予定を発表した。2020年の利用開始を予定しており、ASEAN(東南アジア諸国)地域のほか、オーストラリア、欧州で使えるようになる。
世界最大の旅行会社「エクスペディア」 ビットコイン決済廃止で仮想通貨業界に残した教訓とは
エクスペディアは2014年に、ビットコイン決済を導入し、仮想通貨のユースケースを大々的に世に示すも、2018年の夏にビットコイン決済の受け入れを終了している。これら一連の事象は、我々にどのような教訓を与えるのだろうか?


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら