テザー、ビットコインベースのOmni新バージョン開発で資金提供 新規チェーン上の発行も相次ぐ

DEXの構築も可能に

ビットコインブロックチェーン上で動くトークン発行プラットフォームである「Omni」のクライアント「Omni core」の最新バージョンがテザーの支援のもと開発・リリースされた。

テザー社が発行するUSDTは、Omniブロックチェーン上で最初に発行された通貨だ。2019年にイーサリアムを始め、新たなブロックチェーンで発行する動きが活発化している。

新バージョンとなる0.7.0ではネットワークパフォーマンス向上などに加え、任意のブロックチェーン上のアセットをビットコインと交換することができるようになり、分散型取引所(DEX)の構築が可能になっている。

テザーCTOのPaolo Ardoino氏は今回のリリースについて以下のように述べている。

BitcoinはTetherが使用した最初のブロックチェーンであるため、Omni Coreは高く評価され、高いレベルのセキュリティを示している。[中略]Tetherはさまざまなブロックチェーンの多様性に支えられていることが重要であり、その中でOmni Coreが重要なコンポーネントであることが証明されている。

USDT、新たなブロックチェーン上で発行する動き

USDTはその発行基盤を続々と増やしている。

今年3月にはTron、7月にはAlgorand(ALGO)での新規発行、8月にはLiquidネットワークへの既存の通貨の一部移行が発表された。

関連仮想通貨USDT、新たにトロンネットワーク上で発行へ

関連仮想通貨テザー、米名門大MIT教授が手掛けた新ブロックチェーン「ALGO」で発行へ

関連仮想通貨取引所Bitfinex、150万USDTを秘匿性のある「Liquidチェーン」へ移行

CoinPostの注目記事

「テザーとBTC価格操作」巡り米国で集団訴訟 Bitfinexらは徹底抗戦の構え
テザーによるビットコイン相場の操作関連で、仮想通貨取引所Bitfinexおよびテザー社に対する新たな集団訴訟の申し立てが行われた。
テザー社、被害額150兆円の集団訴訟却下を申し立てる
テザー社は仮想通貨の市場操作をめぐる集団訴訟を却下するよう、裁判所に申し立てる意思表明を行なった。「仮想通貨バブルは一匹のクジラ説」でテザーらを指摘する大学論文の欠陥を根拠に。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら