中国深セン市、仮想通貨企業8社を調査 違法ビジネス取締まり強化で

深セン市が企業をヒアリング

中国深セン市の金融規制当局は、違法なビジネスを取り締まる目的で、中国の仮想通貨関連企業8社に対しヒアリング調査を行った。

8社の内2社は仮想通貨取引の場を提供し、6社はICO(イニシャル・コイン・オファリング)で資金調達を実施したと伝えられている。この調査は他の企業にも波及していく可能性が高いが、今回対象になった8社も問題があると確定しているわけではない。現在は詳細を精査している段階だ。

中国は2017年から仮想通貨事業やICOを禁止しているため、海外でビジネスを展開する企業は多い。しかし、そういった企業もビジネスのターゲットにしているのは中国在住または中国語圏の顧客だという

企業の所在地が中国内外に関わらず、中国に住む人々を対象にしているサービスは取り締まりの対象となることが、これまでの規制とは異なる方針であり、規制強化と見られるポイントだ。

中国では10月に習近平国家主席がブロックチェーン技術の推進を発表してから、技術普及に向けた動きが活発化している。この動きを受け、仮想通貨の投資活動も再燃、深センの関係当局は取り締まりを強化した。

11月には、39社の違法仮想通貨関連企業として特定しており、トレードサービス、仮想通貨の海外への移動手段の提供、トークンの販売とICOを調査対象としていることが明らかになっている。

関連深セン市、39社を違法仮想通貨関連企業として特定

中国国営テレビCCTC1の著名ドキュメンタリー番組「Focus Report(焦点訪談)」が、プロジェクトが実在していなかったり、ローンチ後に利用されていない仮想通貨が755あると中国国内向けに報じるなど、国民に向けて警鐘を鳴らしている。

関連中国国営テレビ 「仮想通貨は非合法的融資手段」と指摘

仮想通貨関連企業への取り締まりは継続しているものの、中国国家としてのビットコインをはじめとした仮想通貨に対する見解は不透明なままだ。

あくまでも国益になり得るマイニングを中心としたビットコインなどへの考えは寛容とする見方もある。

当局の一連の動きで、合法的な仮想通貨プロジェクトまで取り締まりを恐れている現状があるが、今後の方向性は業界関係者も予想が難しいといった所だろう。

米資産運用企業Arcaのリサーチ部門の責任者Katie Talati氏からは、中国は日本と同じ方向を目指しており、厳しくも明確な規制を整備しようとしているとの見解もみられた。

参考資料 : BBT

CoinPostの関連記事

「ブロックチェーン偽装」が中国で問題化 山東省、違法な仮想通貨やICOで警告
中国山東省の当局が、仮想通貨を巡る違法プロジェクトへの投資について警戒を呼び掛ける声明を発表した。地方当局はICOや仮想通貨取引についての調査も計画している。
中国の仮想通貨取り締まり、2017年以来最大規模か 11月に5取引所が閉鎖=Bloomberg
中国にある仮想通貨取引所の内、今月だけで少なくても5箇所が、営業停止や国内ユーザーへのサービス提供禁止の処分を受けていることが分かった。仮想通貨を取引所から安全な場所に移す動きも見られている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用