CoinPostで今最も読まれています

もしFacebookブロックチェーントークンが実装されたら

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ザッカーバーグ氏の新たな試み
各ユーザーのニュースフィードはビジネス、ブランド、メディアなどの広告によって独占されています。そこでザッカーバーグ氏は「意味のある社会相互作用」を優先することを考えています。
Facebookの脅威となるもの
Facebookの影響力は強大になり、そのアルゴリズムを利用した情報操作がされています。
Facebookトークンが解決策?
Facebook独自のトークンを作ることでその問題を解決できるかもしれません。

Mark Zuckerberg(以下ザッカーバーグ氏)はFacebookの中央集権型管理システムで成功し、33歳ですでに710億ドル(約7兆8700億円)の財産を手に入れました

過去15年のうちにその巨大ソーシャルメディアのクローズドソースアルゴリズムは最高広告料を獲得するため、静かに数百万もいるユーザーのニュースフィードを巧みに操作し、Zuckerbergおよび株主の利益としていました。

では、なぜ彼はより分散型なモデルを研究しているのでしょうか、そしてそれには仮想通貨はどのような役割をもつのでしょうか。

新年、このプラットフォームに対しFacebook社長は(おそらく全く皮肉ではなく)以下のような投稿をしました。

「少数の大手技術会社の繁栄により。現在多くの人は技術が力を分散させるのではなく、集中させると考えるようになりました」

そして彼は分散型で人に権限を与える技術(例えば仮想通貨)の「プラスとマイナスの側面をより深く研究する」と誓いました。

さらに、これから起こるニュースフィードの変化により「友達、家族、および所属グループについての内容をより多く」、そして「ビジネス、ブランド、メディアなどによる大衆向けな内容をより少なく」見ることをユーザーに知らせる投稿が続きました。

高トラフィック内容よりも「意味のある社会的相互作用」を優先する賭けが果たしてZuckerbergが言うように、「長期的には社会およびビジネスにとって良い」かどうかはまだわかりません。

ウォール・ストリートの即時反応は厳しかったです。

先週金曜日、二つ目の投稿後Facebookの株価は4.5%落ちました

この反応は予想できました。

Facebookが強い集客力をもつ広告内容を強調するようにニュースフィードを精選しなくなれば、収入および株主収益が減ります。

Facebookの脅威となるもの

では、なぜザッカーバーグ氏はそんなことをしたのでしょうか。

優勢な考えとして、彼がワシントンに介入されたくなかったからです。

ロシアの政治調査により、Facebookが自身の独占クローズドソースアルゴリズム(中央集権型力の核)を用いて広告主のために「like観衆」を故意にまとめている方法に光が当たりました。

ロシアのスパイがFacebookを用いて偽情報を拡散し、米国大統領選挙に影響を及ぼしたという主張よりももっと重要なのは、このような出過ぎた真似が可能になるほどFacebookが強い力を持ったということです。

おまけに、Facebookのアルゴリズムは無意識にそれを効果的に奨励しています。

同じような思考をもち、賛同する内容を喜んで再シェアおよび再分配するような人のエコーチェンバーを自然に作っています。

これによりそのユーザーグループを広告主に売ることができます。

これは彼らがシェアする内容が明らかに偽造されたものであるときでも(あるいは特に)起きます。

しかし、ザッカーバーグ氏は明らかに増大するユーザー間の不満に困っています。

サイバーセキュリティー導師Bruce Schneier氏が一度Facebookユーザーに以下の警告をしました。

「あなたがFacebookの客であるなどと勘違いしないように – あなたはFacebookの商品です。」

時間はかかりましたが、今では多くのユーザーがその不公平な扱いを理解するようになりました。

彼らはサイトのトラフィックを駆り立てる内容を生産・分配し、さらに広告主に注目を集めさせていますが、一円ももらえていません。

さらに悪いことに、見たくもない内容を見させられています。(FacebookフィードにてJames Altucher氏の「常軌を逸したビットコイン専門家」広告を見飽きた仮想通貨コミュニティの人は他にたくさんいるはずです。)

問題は現在のビジネスモデル下だと、Facebookが(ニュースフィードの精選において干渉主義者でなくなること、またはYouTubeにならって広告収入をトラフィックを駆り立てるユーザーに与えることで)分散化すればするほど、株主の収益が減ることです。

しかし他方では、ユーザーの不満がユーザーの減少または全面的な離脱にまで繋がった場合、株主が自身のマージンを守られているかどうかはもはや重要でなくなります。

広告主は離れ、収入は減少し、そして最終的にはプラットフォームが消滅するかもしれません。

MySpace(一時期は広範なプラットフォームであったがFacebookに取って代わられた)の盛衰は、Facebookの優勢が保証されていないことを証明しています。

トークンによるソリューション?

このジレンマの解決策はザッカーバーグ氏がまさに研究すると誓った技術にあるのかもしれません。

その仮想トークンを仮にFBCoinと呼びましょう。

まず前提として、Facebookの計画の内情は知りません。よってこれは純粋な憶測です。

しかし、過去に会社が電子マネーおよび決済に(後に放棄されたが)介入したことを考えると、推測する価値は十分にあると思います(特に社長が展開した内容については)。

さらに、分散型アプリ生産者が作るトークンから、確立した事業が作るトークンへと重心を移動させることが可能になるかもしれません。

予測:Facebook社のトークン計画内容

Facebookは大きなトークンプールをプレマイン(市場に流通する前にマイニング)し、かなりの数を株主に分配します。

そして残りをユーザーに(ユーザーのオリジナルコンテンツが生成するトラフィックを測る信頼できるシステムを元に)分配するためにとっておきます。

続いて、Facebookはプラットフォーム上での広告にはそれらのトークンを用いた支払いを義務付けます

これにより市場が出現し、ユーザーはトークンを売ることが可能になり、コンテンツ作成を収益化できるようになります

トークンの価値は需要と供給に基づいてドルに対し変動相場制をもちます。

これがFacebookのジレンマを解決する最適の方法だと思われます。

株主およびユーザーに、より分散化した規則の下でのプラットフォームの今後の成長に対し、価値ある利害関係を与えることができます。

もちろん、こういったアタックモデルについて考えることに慣れている仮想通貨ユーザーはこの場合の危険性にすぐ気づくでしょう。

トラフィックデータを操作する方法はもちろんあります(これはBraveがブラウザおよびBATトークンにおいて解決しようとしている問題です)。

そしてアルゴリズムはどのようにコンテンツが(誰かからコピペされたのではなく)「オリジナル」であることをを判断するのでしょうか。

評判トークン(トラフィック生成ボット軍団の生成を妨げるようなproof-of-workモデル)のアイデアや他の自己資金投資ソリューションは誠実さを助長するために必要です。

そして誰がそれを運営するのでしょうか?Facebookが自身のトークン市場を管理しない、もしくは中央集権的に台帳を管理する、というような選択をすることは想像しづらいです。

しかし、本当にネットワーク影響の膨張的力を解きたいのであれば、トークンを真に分散型なブロックチェーンシステム、そして最終的には分散型市場に展開することでさらに爆発的な成長をもたらすかもしれません(そしてその延長として、Facebook株主にトークンベースの収益が与えられる)。

もしザッカーバーグ氏が本当に分散型システムで実験をしたいのであれば、公的に発行された仮想トークンが最適な方法でしょう。

他の誰かに、Facebookの陰険な中央集権型アルゴリズムに取って代わるようなスケーラブルな分散型ソーシャルメディアソリューションを作って欲しいです(FacebookがMyspaceにしたように)。

ソーシャルメディアは人の手に権限を戻すようなモデルを必要としています。

ザッカーバーグ氏は全財産を実質的にチャリティーとして寄付することを誓いました。

しかし、彼が世界に与えられる最強の贈り物が人々のアイデアおよび自己表現に正当な報酬を与えるような創造のためのプラットフォームであることに気づくかもしれません。

What a Facebook Blockchain Token Might Look Like

Jan. 22, 2018 by Michael J. Casey

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア