ディズニーの申立て 仮想通貨トロンの商標申請が却下

ディズニーとトロン財団の商標問題

仮想通貨トロンに関係するトロン財団の中国におけるパートナー企業、Raybo Technology社は、米国でトロンの商標登録を申請していたが、ディズニーの異議申し立てにより却下された。

当初2018年に「TRON」、「TRONNETWORK」、および「TRONIX」の計三つの商標の登録申請をおこなったが、大手マスメディア企業ディズニーは、商標の侵害として異議を申し立てていた。

トロン財団がディズニーの主張に返答しなかったことにより、米国特許商標庁(USPTO)はディズニーの意見を採択し、商標出願を却下したという。

ディズニーは、同名の「TRON(トロン)」というSF映画を1982年に公開しており、それを中心として、続編映画となる「TRON Legacy」を始めとし、テレビアニメ、ビデオゲーム、音楽など様々な商品を展開している。

この問題を悪化させているのが、両社ともに全てのアルファベットを大文字で「TRON」と表記している点だ。ディズニーは、トロン財団のこの表記の仕方が自らの所有する「TRON」のマークに酷似させたと非難した。

参考:Decrypt

CoinPostの注目記事

トロン財団CEOにも米バンカメの口座閉鎖通告 仮想通貨の購入が関係か
仮想通貨TRXのトロン財団CEO Justin Sun氏も、米バンカメの口座閉鎖通告を報告。PayPalの元最高財務責任者に続く事例で、仮想通貨の購入とその対応強化の可能性も指摘されている。
仮想通貨トロン、韓国サムスンの「Keystore」に追加 TRX価格も高騰
Tron財団は、韓国サムスンのブロックチェーン開発ツール「Keystore(SDK)」に統合されたことを公式に発表した。なおサムスンはdAppsのための新プラットフォームもリリース。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します