ビットコイン(BTC)ドミナンスが85%を超える?Tone Vays予想|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況

24日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比4%安の80万円と反落。

7700〜7800ドルのレジスタンスライン(赤丸)+日足雲下限で上昇の勢いを削がれると、1時頃から断続的な売りが入ったことで400ドルほど下落した。BitMEXの需給を示すファンディングレートや、18日以降の急騰で4hRSIが80近くまで過熱していたことも押し下げ要因に。

下で買いが入ればこのまま6500〜7500ドルのレンジ相場に移行するようにも思われるが、大口の意向次第か。安値更新シナリオも視野にある価格帯であり、あるいはもみ合った後に7,800ドル(85万円)を抜けられるかどうか見極めが必要な位置にある。

反転のシグナルは見受けられるものの、現時点では、下落一辺倒だった近況から変化の兆しが見えたに留まる。7,700〜7,800ドルを上抜ければ勢い付く機運は高まるが、7,000ドル前半は先行き懸念の強まりやすい価格帯にあるため、再び6,000ドル台に突入するようなことがあれば十分注意したい。

直近最大となる27日のDeribitオプションカットに向けて様子見基調が強まる可能性もある。LXVX指数は、41.68(-22.2% ↓)とやや低下。BitMEXの未決済建玉(OI)は、$647.69M(-2.1% ↓)と上昇分を吐き出しており、短期筋の利確が考えられる。

直近材料では、中国唐山市の警察当局が、違法に電力を消費したとして、マイニング用の機器約7,000台と変圧器52台を押収したことを現地メディアCCTVが報じたことも、相場の重しとなったか。

仮想通貨のマイニング(採掘)事業について、仮想通貨取引やICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁じ、取り締まり強化する中国政府が今年4月に「淘汰産業」へ分類したものの、11月に仮想通貨マイニング産業を廃止しない方針に切り替えていた。

ビットコイン(BTC)ドミナンスが9割を超える?

なお、仮想通貨アナリストTone Vays氏は、登録者数9万人を抱える自身のYouTubeで相場解説「Trading Bitcoin – Still Consolidating at $7.1k… Bullish?」を実施。2019年以降に50→70%ほどまで伸びたビットコイン(BTC)ドミナンスが来年さらに15%ほど続伸し、85%に達するとの見通しを示した。

仮にこの通りに推移するのであれば、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの主要アルトコインが低迷し、さらなる苦境に立たされることを意味する。各銘柄は個別材料で高騰する可能性はあるものの、基軸通貨BTCに振り回されるような相場が続いている。いずれにせよ、アルト市場にも資金が回るには、新規流入が不可欠だろう。

Tone Vays氏は、年初来高値13868ドルを記録した6月29日時点で、今回の大幅調整を予測するなど、その相場観に定評がある。

CoinPostの関連記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します