法定通貨と仮想通貨を扱う新銀行、世界で続々 英国でも

イギリスの新しい仮想通貨銀行が誕生

今月中にもイギリスでも新しく規制に準拠した仮想通貨銀行が誕生するようだ。

11月に設立から4年余りで100万口座を獲得したチャレンジャーバンク、Starling銀行の共同創設者兼CTOであったMark Hipperson氏が、法廷通貨と仮想通貨を同一の当座預金口座で取り扱うデジタル銀行、「Ziglu」として近々ローンチされる予定だ。

Hipperson氏は、Starling銀行設立前、イギリスの銀行大手Barclaysグループの技術部門責任者を10年以上勤めた経歴を持つ人物。2018年9月よりデジタルバンキングのZigluプロジェクトを開始した。 Zigluはイギリスの金融行動監督機構(FCA)に電子マネー発行者としてのライセンスを取得申請中で、Zigluアプリは現在ベータ版で利用可能だという。

Zigluの特徴

ロンドンに本拠を置くZigluは、「チャレンジャーバンクと暗号通貨取引所の良さを一体化させ、全てを完備した当座預金口座」を作成することを目指し、法定通貨とデジタル通貨を同等に扱う口座を提供する。

Zigluでは、単一の口座で複数の通貨(外貨を含む法定通貨および仮想通貨)を保持することが可能で、外貨の売買には銀行間レートが適用される。また、仮想通貨の場合、複数の取引所のベストレート利用による売買が保証されるそうだ。

また、マスターカードのデビットカードを使用することで、仮想通貨を含む保有する全ての通貨を世界中どこでも、即座に使うことができるようになるという。 無料で口座開設ができるが、当面はイギリス在住者に限るとしており、世界的な展開は今後予定している。

地元メディアFinancial News Londonの報道によると、Hipperson氏は2020年に10億ドル(約1085億円)のトランザクション処理を目指していると述べており、今年の第4四半期には、アメリカへ事業を展開する予定もあるという。

存在感を増すチャレンジャーバンク

世界の金融大手がフィンテックとの協働を深める一方で、フィンテックを基盤とするスタートアップで銀行業務ライセンスを持つモバイル専業銀行、チャレンジャーバンクが、急速に顧客層を拡大して国境を超えた展開を進めている。

仮想通貨を取り扱うチャレンジャーバンクとしては、ドイツのBitwalaやイギリスのRevolutがある。Bitwalaはビットコインならびにイーサリアムウォレット機能を提供、Revolutはビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュおよびXRPが25の法定通貨で所有口座から市場レートで両替できる。

 

2015年にロンドンで設立されたRevolutだが、現在800万人の顧客を抱え、今後アメリカおよび日本への進出を目指して、積極的な資金調達活動を行っているようだ。 またクレジットカード大手のビザおよびマスターカードと提携し、デビットカードによる決済も提供している。

世界では、仮想通貨へのアクセスを制限する主要銀行も多い中、Zigluの言葉を借りれば、チャレンジャーバンクは「すべての通貨の地理的および技術的な壁を打破するアカウントを構築」しつつあるようだ。

 

欧州との境界をはっきりさせるブレグジット問題で揺れたイギリス発のチャレンジャーバンクは、金融では国境を易々と超える環境を提供し始めている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら