バイナンスCZ氏「2020年は仮想通貨を世界に普及させる」

CZ氏が新年の挨拶

世界最大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は、新年の挨拶の中で、2020年の同社の主要目的の1つは仮想通貨の世界普及だと説明した。

バイナンスは、世界にある全180の法定通貨の取り扱いを目指しており、現時点で20の法定通貨をサポートしている。

関連バイナンス、1年以内に180の法定通貨対応実現へ

その考えには、CZ氏が考える今後10年間の見通しがある。2030年には仮想通貨やブロックチェーンは世界中で本格的に利用されていると考えており、まずは取引から世界展開を行う計画だ。

将来的な事例で、Uberの自動運転サービスへの決済、また購入した商品が地球の裏側からドローンで配達されるサービスやバイオテクノロジー研究の資金提供などを事例に挙げた。また、ブロックチェーンは、個人情報管理、選挙での投票、非中央集権的なソーシャルメディアで利用されると予想している。

買収戦略

昨年9社を買収したバイナンスだが、2020年に大きな買収が控えていることをCZ氏が明かした。「戦略として、常に数社と買収を進めている。その中には大規模で重大な影響力を持っているものがあるが、特に2社の買収が非常に楽しみだ。時期が来たら発表する」と説明した。

新年の挨拶では2019年の実績として、ステーキング、先物、法定通貨のサポートと共に、買収も挙げた。CZ氏は2019年は9社も買収を行ったと説明しているが、公表しているのは数社だけだ。例えば、中国北京を本拠地とするdApps関連企業DappReview、インドのビットコイン取引所WazirX、インド洋の島国セーシェル共和国を拠点にする仮想通貨取引所JEXの買収である。

関連バイナンス、中国北京のdApps企業を買収


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら