豪州の森林火災で、バイナンスが100万ドル相当の仮想通貨BNBを寄付

豪州火災、仮想通貨寄付

最大手取引所バイナンスは、現在豪州で起きている森林火災に対して、仮想通貨の寄付活動を起こしている。バイナンス側は先導して自ら100万ドルに相当するBNBを「オーストラリアブッシュファイヤードネーション」に寄付すると発表した。

バイナンスのCZ氏は、今起きている大型の山火事に対して、「このような広範囲に及ぶ火災は心が痛むもの。住民だけでなく、生態系全体に対する被害も甚だしい」とコメントし、仮想通貨業界からの支援を呼びかけている。

大規模な山火事で、これまでに少なくとも20人以上が命を無くし、草原や林など730万ヘクタール近くが焼失。野生生物にも深刻な被害が及んでおり、8000頭のコアラが犠牲になっていると報じられている。

なお、仮想通貨業界以外では、すでに大手企業や著名人なども寄付に動いている。

参考:バイナンス発表

CoinPostの注目記事

韓最大手携帯事業者、リップル技術でステーブルコイン発行 仮想通貨の寄付金プラットフォームで活用へ
韓国大手の通信事業者テレコムSKがリップルを基盤とする仮想通貨の寄付金プラットフォームを発表。教育、飢餓、シングルマザーへの支援などの国内活性化を目指す。
ニッポン放送のチャリティ番組、仮想通貨BTCの寄付を受付 ディーカレットの協賛で実現
ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」で、初めて仮想通貨ビットコインによる募金方法が提供されることがわかった。仮想通貨取引所を運営する株式会社ディーカレットの協賛で実現した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します