CoinPostで今最も読まれています

逆三尊成立でテクニカル的な買いが集まるか注目されるビットコイン|仮想通貨市況(タキオン)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン市況

テクニカル分析

※オレンジラインがインデックス価格とBitMEXのスポット価格の乖離差

年始からの短期の上昇トレンドによって、ビットコインは日足レベルでの逆三尊(インバースヘッドアンドショルダー)が成立して、教科書的な反転サインとなった。8500ドルまで急上昇は意識されやすいテクニカルサインが出たことにより、ショートカバーとともに現物の買い戻しが起こったと思われる。

この上昇の際にはデリバティブの価格と現物の価格の乖離が拡大しなかったことから、一過性のショートカバーだけではなく一定の資金流入があったようだ。8500は利確が入る水準ということもあり、一旦止められたといった様相だ。

ビットコインにおいてはトレンド転換点として意識されやすい100日移動平均線を価格が上抜けしたこと、一目均衡表の雲抜けも間近であることから中長期なトレンド転換も期待される状況だ。

一方で200日線はまだ下降しており、大きなレジスタンスラインとなると思われる9000ドルも控えており、急上昇するにはテクニカル的な要素だけでは不十分だ。

中長期的なプレイヤーもトレンド転換を意識するチャートになっており、5月に控える半減期を見据えてどこで買うかの心理が大きく働くと見る。

今後は、逆三尊を形成したラインでもある7500ドルを割り込まないかが当面のポイントになる。押し目として認識されるラインであり、ここを割り込んだ場合は急落もありうるだろう。7500~8500ドルの付近で時間をかければ、徐々に押し目という認識も強まり、9000ドル付近のチャンレンジもあるのではないか。

ハッシュレート、採算分岐点

ハッシュレートは過去最高を更新続けており、半減期を見据えた駆け込みマイニングも起きていると推測される。最新型でもあるAntminer S17+の採算分岐点は半減期後でもまだ余裕があると思われるため、まだハッシュレートの上昇は続くのではないかと思われる。

短期的には採掘スピードの上昇により、現物の売り圧が高まると思われるが、中期的には採算分岐点の上昇により価格の上昇圧力になるのではないかというのが筆者の見解だ。

1月14日現在、次回の難易度調整は約8%あまりの難化であり、難易度調整が予定される1月15日付近では難易度調整に伴う価格変動が起きやすいので注意が必要と言えよう。

需給関係、ポジション動向

1月24日からは春節のため、チャイナマネーの資金抜けなど、ポジションクローズが起こりやすい。アノマリー的にも1月下旬~2月初頭がおきやすく下落が警戒される。

CMEのビットコイン先物の出来高も上昇傾向であるが、ポジション動向によると1月7日の時点で一気に取組高(Open interest)が増えていることがわかる。上昇の前触れではCME先物の動きは活発になりやすいことから気になる兆候である。この傾向はBakttでも同じであり、取組高、出来高ともに上昇傾向である。

Deribitのオプションは直近限月でコール8250に大きなピンあることから、建玉が消える1月17日付近から上値は軽くなりやすいだろう。

アルトコイン市況

ビットコインキャッシュ(BCH)

2020年4月ごろに半減期が予定されるBCHがアルトコインをリードしている。

テクニカル分析上は200日線に迫っており、ビットコインと比較すると一段と強気なことが伺い知れる。

ビットコインキャッシュをはじめとしてアルトコインが買われるシーンではビットコインは大きな下落は起きにくい傾向があるが、一度崩れた場合はビットコインに波及する可能性が高い。半減期が意識されはじめているBCHがアルトコインではしばらく一番の注目と言えよう。

寄稿者:タキオン@wing_tachyon
暗号資産トレード歴3年目。IT企業にてプロダクトマネージャーを務める傍ら、暗号資産を中心に株為替まで短期長期問わず手広くトレーダーとして活動。 アルトコインのスイングトレードをもっとも得意とする。

CoinPostの関連記事

低調なレンジ相場続くビットコインと反発の兆しを感じるリップル|仮想通貨市況(タキオン)
ビットコイン・アルトコイン市況 9500ドルからの大幅下落後ビットコインは低調な動きでレンジ相場を形...
調整相場が続くビットコイン次の大きな流れは近いか、今後の展望について解説|仮想通貨市況(タキオン)
7月初頭から調整が続く仮想通貨ビットコインの今後の展望をBTCドミナンスや米国金利などから予想。 相場周期を考えても次の大きな流れは近く、今後1週間ほどで大きな流れが訪れる可能性が高い。ポイントは11000ドルの突破でダブルボトム成立なるか。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア