CoinPostで今最も読まれています

中国大手取引所BTCC創設者:4大仮想通貨以外を認めず

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTCC創設者リー氏が4大仮想通貨以外を批判
新規仮想通貨設立のため無為なICOプロジェクトによって資金を集め、トラブルが絶えず頻発していることから、新仮想通貨への信頼度の低さを示しました。
ICOから引き起こされる詐欺について
今後も成長し続ける仮想通貨業界には、不正行為を取り締まる何かしらの規制を必要とするも、まだ十分な法整備が整っていないと指摘されました。

BTCC(中国の大手仮想通貨取引所)創設者であるBoddy Lee(以下Lee氏)が、信頼できる仮想通貨としてビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの4種を挙げました。

ロンドンで行われたブロックチェーンウィーク2018にLee氏が出席し、ビジネスインサイダーによるインタービューの場で仮想通貨に関する自身の見解やリスクについて言及しました。

Lee氏は、企業がICO(仮想通貨技術を使った資金調達)によって発行した仮想通貨は信用に値しないとし、これらの通貨には投資しないことを明らかにしました。

ビジネスインサイダーは、Lee氏の発言を以下のように引用しています。

私は仮想通貨投資に関して保守的な姿勢で取り組んでおり、多くのアルトコインには興味もありませんし、当然ICOに手を出す気もありません。

何よりリスクが高すぎるため、新たな仮想通貨に投資する気がありません。

来月、来年には見解が変わっているかもしれませんが、現段階ではおおよそ主張を変えるつもりはありません。

ICOへの認知は2017年半ばに急激に広がり、ブロックチェーン技術へ積極的な取り組みを示す会社が資金調達をする方法としてICOが主流となりました。

これまでに、ICOを通して総額40億ドル以上の資金が調達されています。

coinmarketcap.comサイトによると、仮想通貨業界には現在1491種類もの仮想通貨が存在しており、今後もICOによりその総数は増加していくことが見込まれます。

この資金調達方法はある地域を除いた大部分で規制されておらず、誰もがICOを計画し仮想通貨を発行することができます。

ICOへの法規制も未だ整備されておらず、数億という資金調達をするもののプロダクトを出さずに事業展開が滞ったままの例が後を絶ちません。

その一例にTezosプロジェクトが挙げられます。

TezosはICOによって232万ドルの資金調達に成功し、大きな注目を集めました。

現在は、創設者と他の取締役間で生じた内紛によりプロジェクトが滞り、現在投資家への払い戻しすらできない厳しい状況下にあります。

Tezosの創設者を相手取った集団訴訟がアメリカのいくつかの裁判所で起こっています。

Lee氏は、自身の仮想通貨への見解について以下のように述べています。

私はビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの4種のみを有用な仮想通貨として認め、支持します。

この4つ以外に興味を示すつもりも、認めるつもりも、誰かに勧めるつもりもありません。

Lee氏は今後もICOによる詐欺プロジェクトがますます横行するだろうと予測しています。

Lee氏は、 不正行為をなくす上で規制は今後必要不可欠だと主張しています。

最近、BenebitというICOプロジェクトが多くの投資家を騙し、およそ4万ドルを騙し取ったことも記憶に新しいかと思います。

かつてICOのトップ市場であった中国と韓国は、不正行為への懸念が広がる中、ICOを全面的に禁止することを決定しました。

現在、世界的にもICO規制の風潮が高まっており、ICOで最大の市場を誇るアメリカではICO出資者への正式な勧告が規制当局によってなされました。

また、ジブラルタル(スペイン南海岸に位置するイギリス海外領土)では、不透明なICOプロジェクトの取り締まりに注力しています。

いずれにせよ、今後はテレグラムのような名の知れた企業による大型ICOも予定されており、仮想通貨市場は今後も確実に拡大していくでしょう。

BTCC Founder Recommends Only the Big Four Cryptocurrencies Bitcoin, Litecoin, Ethereum, and Bitcoin Cash are the only coins that Bobby Lee trusts.

Arnab Shome, January 25, 2018

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア