米国版バイナンス、2月より仮想通貨のステーキングサービスを開始

Binance.USのステーキングサービス

バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」は2月よりステーキングサービスを開始する。最初に対応する予定の銘柄は、Cosmos(ATOM)とAlgorand(ALGO)の2つだ。

この2つの仮想通貨はBinance.USの上場銘柄でもある。本家バイナンスはすでに複数銘柄のステーキングに対応しているため、CEOのCatherine Coley氏は「ユーザーからの需要に応じてステーキングを開始する」と説明した。

米国の主要仮想通貨取引所では、CoinbaseやKrakenも同様なサービスを提供している。

また、日本でも国内取引所のコインチェックが今月より、Lisk(LSK)のステーキング運用サービス(β版)を始めた。取引と異なり、資産を仮想通貨取引所のウォレットに預けているだけでステーク報酬を得られるため、人気を博している

参考:Binance.US

CoinPostの注目記事

世界初:コインチェックが仮想通貨リスクのステーキングサービス開始
仮想通貨取引所コインチェックは9日、新サービスとしてステーキングサービス(β版)を開始。仮想通貨リスク(LSK)を最初の取り扱い通貨として採用した。
仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由
コインチェックなど国内外の仮想通貨(暗号資産)ステーキング関連サービスが関心を集め、時価総額2位のイーサリアムPoS移行を控えるなか、ビットコイン(BTC)で採用されるPoWとの違いやPoSのメリットについて詳しく解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します