CoinPostで今最も読まれています

次のビットコインになりうる6つの仮想通貨

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

有望な6つの仮想通貨を解説
2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、その投資熱が最も高まった一年でした。本記事では、ビットコインやリップル、イーサリアムといった主要な仮想通貨に続いて、今後ますます発展を遂げていくであろう仮想通貨を6種取り上げて解説いたします。

仮想通貨は多くの投資家を巻き込み、ここ数年で多くの人に利益をもたらし世界的に注目されました。

ビットコインは多くの仮想通貨の中でも圧倒的な優位性をもち、その注目度も大きいです。

また、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)といった仮想通貨も他に比べるとその露出度は高く、仮想通貨の代表格として知られています。

しかし、仮想通貨の大部分は未だに知れ渡ることなく、文字通り1000以上の通貨が市場に流通しています。

本記事では、これから注目を集めることが期待されている、またはその最中にある注目の仮想通貨を6つ取り上げて解説いたします。

しかし、ボラティリティーが高い仮想通貨への投資にはもちろんリスクがつきものであることをここに明記しておきます。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash : BCH)

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークすることにより作られた仮想通貨で、現在の時価総額はおおよそ280億ドル(3兆円)にも上ります。

ビットコインキャッシュは元来より大きなブロックサイズを有し、ビットコインの改良版を作るという目的のもと誕生しました。

ビットコインのブロックサイズは1MBまでに制限されており、1秒あたりに決済される取引量は数取引にまでに留まってしまうという欠点があります。

これからますますビットコインの需要が高まり、処理速度の制限は改善がされない場合、より致命的なものになることは免れないでしょう。

ビットコインに比べ高速な取引決済、取引手数料の低減が図れることから、ビットコインキャッシュは仮想通貨が今後発展していく中で間違いなく重要な位置付けを示していくでしょう。

ビットコインキャッシュの最終的なゴールは、実世界の売買取引で用いられる仮想通貨の第一人者として広く普及していくことにあります。

ライトコイン(Litecoin : LTC)

ライトコインの誕生は2011年までさかのぼり、元Googleのエンジニアであるチャーリー・リー氏によって開発されました。

ライトコインはビットコインの兄弟分としての扱いを受けることが多く、その時価総額は100億ドル(1.1兆円)ほどで、その流通量である発行上限枚数は未だマイニングされていないものも含め8400万枚までに制限されています。

ビットコインと同様、ライトコインもP2P通信を利用した非中央集権型の仮想通貨です。

同者の決定的な違いはそのアルゴリズムにあります。

ビットコインはSHA-256というアルゴリズムに基づいて承認作業が行われるのに対し、ライトコインではScryptアルゴリズムを採用しています。

このアルゴリズムはSHA-256に比べ取引決済の速度が大きいことが特徴で、ライトコインのブロック生成時間は2.5分ごとに行われます

ビットコインは新しいブロック生成に10分の時間を要することから、ライトコインはおよそ4倍の決済速度を示すことがわかります。

ライトコインはビットコインに比べ決済手数料も低く、決済速度も高いため、今後の発展がますます期待できる通貨の一つと言えるでしょう。

モネロ(Monero : XMR)

モネロは2012年の7月に開発された、オープンソースで大きな時価総額をもつ仮想通貨です。

取引承認にはCryptoNoteアルゴリズムを採用し、ブロック生成時間は2分でビットコインよりも高速な取引決済が可能です。

モネロの大きな利点は、取引に機密性が保たれ、取引の痕跡が残らない匿名通貨としての性質をもつことです

またモネロはASIC耐性をもち、大口の高速処理を可能とするASICマシンを大量に有するマイニング業者による独占を防ぐことも図っています。

アイオタ(IOTA : MIOTA)

アイオタはここ最近で大きな注目を集めている通貨であり、2014年に開発されたCargochainがその前身とされています。

その名前は「Internet Of Things Application」の頭文字にちなんでおり、IoTデバイスとサービスをブロックチェーン技術により互いに橋渡しするような役割を担うことを目的としています。

またアイオタはIoTデバイスに関連した料金の支払いに使われることも想定しており、高効率で、コストの低い少額取引にも対応できるようデザインされています。

他の仮想通貨はブロックチェーンに基づいて運用がなされており、新しい決済取引のブロックが直近のブロックにつながり、承認作業が進みます。

一方で、アイオタにはブロックチェーン技術が採用されておらず、DAG(Directed Acylic Graph:有向非巡回グラフ)というアルゴリズムに基づいた「Tangle」と呼ばれる技術が組み込まれています。

アイオタを通じた決済プラットフォームの構築のため、決済を行うユーザーはそのネットワークに参加し、直近の2つの取引を承認する必要があります。

この仕組みにより、アイオタでは無料(手数料なし)で取引決済を行うことが可能としています。

仮想通貨の成長が進み、投資材料としてでなく実世界の通貨としての役割を担うようになれば、アイオタのユニークなアプローチや、取引手数料なしであることが大きな強みになるでしょう。

また、アイオタはマイニングをすることができず、発行枚数がすでに定まっていることも大きな特徴です。

カルダノ(Cardano : ADA)

カルダノは比較的新しい仮想通貨で、2015年に行われたICOに続き2017年から本格的に始動しました。

カルダノは第三世代の仮想通貨とも称され、イタリアルネサンス期の数学・物理学者であったGerolamo Cardanoにちなんで名付けられました。

創設者はイーサリアムの共同設立者でもあるCharles Hoskinson氏です。

カルダノプロジェクトでは科学的な観点から仮想通貨を研究しており、学術誌の論文に基づいて開発が進められました。

この仮想通貨はOuroborosと呼ばれる革新的なProof of Stakeアルゴリズムを採用しており、より高速で電力消費を抑えられるような設計がなされています。

さらに、レイヤー構造を有しており、高いセキュリティ性能を備えていることもカルダノの大きな特徴です。

ヴァートコイン(Vertcoin : VTC)

ヴァートコインは2014年に誕生した仮想通貨です。

あまり広くは知られていませんが、この仮想通貨はビットコインやライトコインにとても似た性質をもっています。

ヴァートコインはライトコインと同様2.5分ごとにブロックが生成され、実生活に使われる通貨として普及することが期待されています。

ヴァートコインは大きな影響力をもつマイニングパワーによるコントロールを阻止するためのASIC耐性を備えており、誰もが通常のコンピュータを用いてマイニングへ参加できるような体制を作ることに積極的です。

また、ヴァートコインはブロックチェーンによる取引の短縮化を図るための技術であるライトニングネットワークを活用することも見込んでいます。

加えて、ライトニングネットワークは「アトミッククロスチェーンスワップ」という技術を織り込んでおり、この技術の実現によってヴァートコインをライトコインやビットコインといった通貨に直接交換することが可能になります。

さらに、ソーシャルメディア上で活発なコミュニティを築いていること、また初心者でも簡単に入手可能なソフトを1度クリックするだけでマイニングができる簡便性をもつことも、ヴァートコインの大きな特徴と言えるでしょう。

6 cryptocurrencies that could become the next Bitcoin

Jonas DeMuro, February 3, 2018

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧