ビットコイン大幅反発、海外投資家が着目していた買いシグナル『赤の9』とは

仮想通貨市況

世界各国での新型コロナウイルス(COVID-19)アウトブレイクの影響で、揺れる金融市場。

観光業などインバウンド需要に直撃するほか、中国内の工場稼働率半減、及び生産能力半減に伴い、各国の関連企業におけるサプライチェーン(供給網)も大きな混乱を招いている。

これを受け、日銀の黒田総裁は18日、「新型コロナウイルスの感染拡大がいつピークアウトするかが、今後懸念すべき最大の不確実性だ」とし、新型肺炎が、景気及び物価動向に影響を与えるおそれが高まれば「躊躇なく追加的な(金融緩和)措置を検討する」と表明した。

ビットコイン(BTC)市況

仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比4.3%高の111.8万円まで急反発。 昨日まで調整局面にあったが、半減期相場への期待感から押し目買い意欲の高さを改めて示した。

テクニカル面では、1,000ドル級の調整局面で頭を押さえ付けられていたトレンドラインを抜けたほか、下値支持線のある9,600ドルで反転、上値抵抗線のある9,800ドルを反落せずに抜けたことで、続落を見越したショートのロスカットを誘発し、大きく上値を伸ばした。

このまま高値更新すれば、結果的には”高値掴みの振い落とし”と見ることも出来るが、抜けきらずに調整局面が継続となる可能性もあり、足元不安定な相場環境は当面続くものとみられる。

先導しやすいイーサリアム(ETH)動向

先行指標にされやすいイーサリアム(ETH)の先んじた反発もBTCの追い風となった。

ETHは、来るべきPoS移行(ステーキング需要)を含むETH2.0への思惑を背景に価格高騰と出来高増に繋がっており、世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXにおける、ETH/USDの無期限スワップ取引がBTC/USDを牽引するなど、投機筋の関心が集まる傾向にある。

関連:ビットコイン(BTC)大幅続落も、モナコインとイーサリアムが堅調な背景は?|仮想通貨市況

また、調査機関バイナンスリサーチによる「仮想通貨時価総額TOP20」のリターン相関(集計期間:2019年1月1日〜2020年1月1日)によれば、基軸通貨ビットコイン(BTC)に対する相関率は、イーサリアム(ETH)が0.86と抜きん出ており、年間を通してビットコイン(BTC)とほぼ連動していることを示している。コスモス(ATOM)の0.31、チェーンリンク(LINK)の0.32、Tezos(XTZ)の0.4と比較すると一目瞭然と言える。

出典:バイナンスリサーチ

関連:「仮想通貨ビットコイン相関はETH0.86、XTZ0.35」=バイナンスリサーチ

TD Sequentialで買いシグナル点灯

海外トレーダーCryptoHamster(@CryptoHamsterIO)は、ビットコイン(BTC)9600ドルの反発局面で、TD Sequentialの4時間TFにて「赤の9」が出たと言及。「個人的には(このインジは)あまり信頼していない」と前置きした上で、気になるシグナルだとした。

その後、ビットコイン(BTC)は、一時10,200ドルまで急反発しており、同氏の予感は的中した。

TD Sequentialは、米国の著名アナリスト「トム・デーマク」が開発したインジケーターの1つで、トレンドサイクルの転換点を掴むためのものとされている。

その信頼性はまだ確立し切れていないように思えるが、別の海外トレーダーCryptoISO (@crypto_iso)は、4時間足のインジケーターとしては(無論100%ではないものの)TD Sequentialにおけるシグナル『9』は信頼性が高いと評価。

テクニカル分析(先日の下落は上昇ウェッジ下放れの見立て)と併用して、相場判断に役立てていることが伺える。

拡大図(青の9:青丸 赤の9:赤丸)

CoinPostの関連記事

仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由
コインチェックなど国内外の仮想通貨(暗号資産)ステーキング関連サービスが関心を集め、時価総額2位のイーサリアムPoS移行を控えるなか、ビットコイン(BTC)で採用されるPoWとの違いやPoSのメリットについて詳しく解説。
仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み
仮想通貨イーサリアムのPoS採用予定や大手仮想通貨取引所コインチェックのサービス開始で、国内外で一気に認知度が高まることとなったステーキングについて、実際の利率など詳しく解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら