仮想通貨ビットコインの高騰に米国株指数との相関性=skew統計

BTCとS&P500

仮想通貨(暗号資産)ビットコインと米株指数のS&P500との相関性が高まりつつあることが、skewのデータで判明した。

*S&P500は、「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が算出しているアメリカの代表的な株価指数

505もの企業をトラッキングするため、ダウ平均(30企業)よりも重要な参考指標とされる

出典:skew

データによると、2019年3月より相関が見られ始め、過去2週間で-10.9%から-3.5%まで上昇。直近1ヶ月の相関率は、過去1年間の相関率を上回っている。

その反面、デジタルゴールドの性質を持つとされるビットコインと、ゴールド(金)との相関性は若干低下。過去1週間では、31%から21.6%に低下している。

出典:skew

ビットコインと米株指数のS&P500の相関性は未だ負的にとどまるが、その溝はなくなりつつあることから、リスクアセットとして新たな見方も生じることも指摘される。

新型コロナウイルス問題や中東問題といったマクロ要因でネガティブな影響を受けることも少なくない株市場であるが、米政権による景気刺激策やトランプ大統領の口先介入などを背景に、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出する米国の代表株価指数である「S&P500」は上昇トレンドの最中にある。

著名アナリストのトム・リー氏は16日、ビットコインがダウ平均よりも先に4万ドルになり得るとコメントした。

世界的なコロナウイルス懸念で足元不安定なダウ平均と異なり、医療やテック系企業の多いS&P500では、企業の収益率が年間最高値を付けることも珍しくない。

フィンテックであるビットコインが果たして今後もS&P500と同様の推移をたどるのか、市場指標の一つとして着目したい。

CoinPostの注目記事

BitMEX収益ランキング元1位、ビットコインやXRPなど仮想通貨の利確ポイントに言及
ビットコイン著名トレーダーのAngeloBTCは2021年に向けて、ビットコインを含めた4つの仮想通貨銘柄に関する利確ポイントを語った。BTC、アルト共に強気予想の見解だ。
仮想通貨ヘッジファンド指標、1月利益率が2017年以来の「プラス圏」に浮上
年初以降好調なクリプト市場を背景に、仮想通貨のヘッジファンド指標における1月の月間利益率が18.62%を記録。年間利益率1700%以上を記録した、2017年以来のプラス圏となった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら