仮想通貨先物取引利用者の7割が「レバ20倍〜40倍を利用」 バイナンス月次先物取引レポート

バイナンスが1月の先物取引を分析

大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは月次先物取引レポートを発表。2020年1月の取引活動を中心に、仮想通貨市場の復活を取り巻くテーマについて説明した。現在下落水準にある仮想通貨市場だが、本レポートは半減期やアルト市場の活性化などを契機に相場が盛り上がった1月のデータを分析している。

仮想通貨は、2019年第4四半期全体に渡る弱気相場の後、2020年1月に顕著な復活を示した。ビットコイン時価総額は1930億ドルから2550億ドル(約28兆円)へと32%増を記録している。

特にアルトコインの時価総額の回復が顕著で、610億ドルから860億ドル(約9兆円)まで40%以上も増加した。

こうした仮想通貨市場全体の強気の勢いとして、バイナンスは、①ブロック報酬の半減期、②マクロの不確実性、の2要因を理由に挙げた。

半減期の影響

レポートでは、過去2回のビットコイン半減期とその影響に注目。過去のパフォーマンスをそのまま今後の値動きに当てはめることは問題であるとしつつも、今後のビットコインブロック報酬の半減期もBTC価格にいい影響を与えるとの見解を示した。

レポートでは、「まだ市場は、ビットコインの半減期を織り込んでおらず、今後値上がりする余地は十分にある」というCZ氏の見解も掲載した。

過去の半減期と、ブロック報酬が半分に減少した後の推移は以下の通りだ。

出典:Binance

最初の半減期を終えたあと、BTCの価格は12.50ドルから1150ドルまで9000%以上の上昇相場へ以降、強気相場は1年以上継続した。

2回目の半減期の後も、最大で2800%近い高騰相場に移行している。

また、今年の年初以来、マクロ経済の不確実性が、株式など従来の金融市場に影響を与えていることについて、仮想通貨市場にはプラスの環境となったと見解を掲載した。

先物取引の出来高が大幅増加

バイナンス先物取引の出来高は12月より85%増加、560億ドル(約62憶円)の出来高がプラットフォームで取引された。1日平均17億ドルの出来高で、1日単位の出来高の最高記録は35億ドル(約3億9000万円)に達した。

レバレッジの利用状況については、1月にはトレーダーの7割が20倍から40倍のレバレッジを利用していたという。

出典:Binance

100倍以上のレバレッジで取引するユーザーは10%未満で、12月以降半分に減少。1月は、8割のユーザーが40倍未満のレバレッジで取引し、この利用者の割合は、12月の50%から大幅に増加している。

「全体的に、ユーザーのレバレッジ状況は、2019年12月に比べて保守的なものとなった」と説明している。

なお、今回のレポートでは一般投資家と機関投資家のレバレッジ利用傾向を分類していない。

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

JPモルガンが「仮想通貨・ビットコイン市場の展望予想」を発表
JPMorganが、仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンの将来展望を主題として、74ページに渡るレポートを公開。仮想通貨の成熟度やビットコインの価値、ポートフォリオ通貨としての魅力などを掲載した。
速報 バイナンス、仮想通貨Liskのステーキングサービスを明日より開始
仮想通貨取引所バイナンスは26日、Lisk(LSK)のステーキングサービスを開始することを公式HPで公表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
https://coinpost.jp/wp-admin/options-permalink.php

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら