CoinPostで今最も読まれています

「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

半減期でビットコイン価格が上昇する理由

ビットコイン(BTC)は2020年5月に「半減期」を迎える予定だ。

BTCの半減期とは、BTCの新規発行枚数が半減する時期だ。現在、BTCの取引承認に必要な計算パズルを解いた者(マイナー)に報酬として12.5BTCが発行されるが、2020年5月ごろにこの報酬額が6.25BTCに半減することになる。

過去には半減期後にBTC価格が急騰した歴史がある。そのため、BTC半減期は直近で投資家が注目する最大のイベントになっており、最近では関連するワードのグーグル検索数が急増している。

半減期でBTC価格が上昇する背景には理論的仮説がある。今回はBTCの「希少性」を表す指標である「ストック・フロー比率(S2F)」を解説し、半減期後の理論価格を導出する。

なお、S2Fを用いたBTC理論価格の導出には一定の批判もあり、必ずしも将来のBTC価格を完璧に予想できるものではないことに留意していただきたい。

ストック・フロー比率(S2F)とは

ストック・フロー比率(S2F)は金などの「希少性」を測るための指標だ。ほとんどの商品は、生産量が急増することで市場流通量が急増し、価格が暴落する。一方、金などの一部の希少性が高い商品は、市場に存在する量に対して年間の生産可能量が小さく、供給過多によって価格が暴落することがない。

実際に、以下の式で算出される各商品のS2Fを測ると、金の希少性が説明できる。

S2F=市場に存在する量(ストック)/年間生産量(フロー)

出典:データ

計算によると、金のS2F比率は62となる。これは、金の現存量と同量を生産するのに62年を要することを意味している。

ここで注目すべき点は、パラジウム、プラチナのS2Fは非常に低い値になっているということだ。金や銀などを除いたほとんどの商品は、市場のストックが減少すると一時的に価格が上昇するものの、それに応じて生産量を増加させることができ、価格が下落しやすい。

これまでの議論から、プログラム上で発行枚数上限を2100万枚と固定され、半減期によって新規発行量が減少していくBTCでは、このS2Fが時間の経過とともに高まっていくことが分かるだろう。そこで、BTCをS2Fのモデルに当てはめてみよう。

S2FモデルによるBTC理論価格の算出 ①PlanB

仮想通貨アナリストのPlanBは、S2Fのストックとして、一部失われたBTCを考慮に入れて「これまでの発行枚数-100万BTC」として計算を行っている。フローは、ブロック生成数×1ブロック当たりのBTC報酬額で求めることができる。

出典:S2F

2009年12月から2019年2月のデータをもとに、同氏が計算した毎月のBTCのS2FとBTCの時価総額をプロットしたところ、一定の規則性が発見された。S2Fと時価総額の両方について対数をとり線形回帰を行うと、S2Fと時価総額の間に統計的に有意な結果が確認された。

興味深いことに、金と銀についても同じ図表にプロットしたところ、BTCのS2Fと時価総額の回帰線に近い位置にプロットされた。

さらに同氏は、この回帰結果をもとに将来のBTC価格を予想した。

出典:S2F

S2Fモデルから算出されたBTCの理論価格は、2020年5月ごろの半減期で急増することが分かる。これは、半減期によって1ブロック当たりのBTC報酬額が半減することで、年間のフローがほぼ半減することに起因する。

このモデルによると、BTCのS2Fは半減期後、約25から約50に上昇。それに伴って、理論価格も急上昇する。このモデルによれば、BTC時価総額は半減期後の2020年5月に1兆ドルに達し、1BTCあたり55,000ドル(約600万円)を突破する。

ツイッターアカウントS2F Multipleでは、このモデルに基づいたBTC理論価格を毎日更新している。これによると、2月28日現在、理論価格は8689ドル(約94万円)と、ほぼ実際の価格通り推移している。

S2FモデルによるBTC理論価格の算出 ②バイエルン州立銀行

ドイツのバイエルン州立銀行による算出では、2020年5月の半減期後のBTC価格は約90,000ドル(約973万円)となる。

出典:バイエルン

同社のモデルでは、S2Fのストックとして、これまでの総発行枚数からサトシ・ナカモトが保有しているとみられる約100万BTCを差し引いた数量を用いている。

また、同社のモデルでは、回帰データとして2010年半ばから2019年9月までのデータを用いており、半減期後のBTCのS2Fを約53と計算している。

モデルごとの違いと両者の共通点

S2Fモデルを用いたBTCの理論価格について、PlanBとバイエルン銀行とでは半減期後のBTC理論価格に誤差が見られた。

この誤差は、取り扱うデータの期間やS2Fの計算方法の違い、価格推定式のパラメータの誤差などによって生じている。

一方、半減期によって価格が急上昇することは、両者のモデルがともに示唆している重要な点だ。どちらのモデルを用いても、半減期によって年間フローが半減し、S2Fが約2倍になることは変わらないからだ。

S2Fモデルを用いてBTCの割安・割高度を数%単位で厳密に測定することはあまり意味をなさないことが分かる。しかしながら、半減期がBTCの希少性と価格に大きなインパクトを与える可能性があることはS2Fモデルによって明示される。

S2Fモデルへの批判

S2Fモデルは過去のBTC価格とS2Fの統計的傾向からBTCの理論価格を推測しているにすぎないことにも注意が必要だ。線形回帰による推定では、S2Fが高まれば高まるほどBTCの時価総額が高まるという結論が導かれてしまうが、将来S2Fがある閾値を超えるとそれ以降は時価総額が上昇しない可能性もある。

この点に関しては、イーサリアム創業者のVitalik Buterin氏も「理論価格は後付けにすぎない」と批判している。

また、このモデルはマイナーの撤退行動を考慮していない点も問題だ。半減期後の1ブロック当たりの報酬が半減しマイニングの魅力が弱まることで、マイナーはBTCマイニングから撤退したり、代替的な通貨のマイニングを始める可能性もある(2020年の半減期ではBCHやBSVが先に迎える)。そうなった場合、BTCのネットワーク価値が低下し、BTC価格にも影響を及ぼす可能性がある。

さらに、このモデルは、BTCの新規発行という供給面のみからの視点で分析を行う。実際にはBTCの価格形成は需要と供給の両面によって成り立つものであり、需要面も考慮に入れなければならない。

需要面からモデルを作成する場合、例えば一定期間におけるBTCチェーン上の取引高から推定を行う方法が考えられる。また、アクティブユーザー数の推移からBTC価格の短期的な値動きを推定する方法も考えられる。

CoinPostの注目記事

「仮想通貨ビットコインは21年に10万ドル」PlanBがストック・フロー比率分析
ビットコイン(BTC)のSF2分析を用いる仮想通貨アナリストPlanBは、100以上のファンダメンタルズを全体的に俯瞰すれば、21年にはBTC=10万ドル到達もあり得るとした。一方、同分析モデルに対する懐疑的な声も。
中国仮想通貨マイナーが語る「ビットコインの相場観」 2020年の半減期と相場の注目点
世界No.2のビットコインマイニングプールBTC.TopのCEO 江卓尔。ビットコインの半減期と価格の推移について最新の独自見解を明らかにした。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア