仮想通貨取引所バイナンス、世界法定通貨戦略で初の銀行提携 トルコリラを追加へ

バイナンスがトルコの銀行Akbankとの提携を公表

大手仮想通貨取引所バイナンスは2日、自社のブログでトルコの銀行Akbankとの提携。トルコリラの仮想通貨入出金を正式に開始する。

バイナンスが法定通貨の入出金で、銀行と連携するのは初めて。法定通貨建ての世界拡大に向けて新たな一歩を踏み出した格好だ。

トルコリラ建ての取引は2019年12月20日に開始されていたが、銀行から直接取引所への入金が可能になる。

政情不安や通貨下落リスクを抱えるトルコにおいて、法定通貨リラへの新たな流動性が生まれる。

現在バイナンスは販売所の形式で様々な法定通貨からのアクセス対応を追加してきており、計34の法定通貨で仮想通貨の 直接購入を可能にしている。

バイナンスは2日付けの自社のブログで、これからも世界中から暗号資産にアクセス出来るようパートナー拡大を目標にしていると語り、特に法定通貨での暗号資産売買に力を注いでいくと、意気込みを語った。

CoinPostの関連記事

バイナンスの仮想通貨P2P取引、今年は30ヶ国以上でのサービスを目指す
仮想通貨取引所バイナンスはP2P取引機能がウェブにも対応するようになったと発表。法定通貨P2Pにおいて今年の目標とは。
バイナンス、年内に仮想通貨オプション取引を開始か|CZは否定
仮想通貨取引所バイナンスは、Q2〜Q3の間にオプション取引を開始するかもしれない。メディアTheBlockに関係者が明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します