20年の主要アルト高騰率ランキング 仮想通貨ファンダ基準にした格付けも=G Crypto

ベストパフォーマンスのアルトコイン

データメディア「Generation Crypto」は2020年最も上昇したアルトコインランキングを発表した。(2週間前までが集計期間)

このランキングは、メディアCryptoBriefingのリサーチ部門Simetriとの共同企画。アルトコイン銘柄にそれぞれの「中短期的ファンダメンタルズ」を踏まえた「レーティング」も掲載した。

最も上昇率の高い銘柄の順で、以下のように並ぶ。

  • ヘデラ(HBAR)=301% C+
  • アイコン(ICX)=181% C−
  • ダッシュ(DASH)=113% B
  • テゾス(XTZ)=108% B−
  • レン(REN)=107% B−
  • ジーキャッシュ(ZEC)=83% C+
  • マティック(MATIC)=81% B+
  • イーサリアム(ETH)=73% B+
  • アルゴランド(ALGO)=73% B−
  • ネム(XEM)=64% C
  • モネロ(XMR)=49% B−
  • カルダノ(ADA)=49% C+
  • セータ(THETA)=46% B−
  • スチーム(STEEM)=45% C
  • バイナンスコイン(BNB)=44% B+

格付けでは、直近二週間のデータを入れていないため、過去最高値に達したChainlink(182%の上昇率)は、今回のデータには反映されていない。

また、主要銘柄に関しては総合的にファンダメンタルズ分析を行い、定期的にそれぞれの投資レーティングを更新。

最新のランキングでは、ビットコインがA−、イーサリアムはB+(格上げ)、リップル(XRP)はB−をに。全ランキングはこちらから確認できる。

出典:CryptoBriefing

本日の最近仮想通貨市況は以下の記事より。

ビットコイン日次採掘率が大幅上昇、大規模量的緩和で「仮想通貨BTCへの資金流入」は起こり得るか?
仮想通貨ビットコインのハッシュレートが堅調に推移するなか、最新モデル出荷状況、平均日次生産率に着目。みずほ銀行エコノミストは昨年、金同様の「抵抗権」が含有されるBTCにおいて、FRBの信頼が揺らげば高騰もあり得るとの見解を示していた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら