CoinPostで今最も読まれています

ビットコインマイニング収益急落を耐え忍べるか 試される仮想通貨マイナーのサバイバル術

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイナー収益が大幅な下落と大手マイナーのサバイバル術

パンデミックとなった新型コロナウィルスによる世界経済への打撃が深刻化する中、他の金融資産との相関が低い安全資産としての可能性が期待されていたビットコインも、今年の最高値から50%以上の暴落に見舞われ、一時50万円台まで下落した。

仮想通貨相場は昨日から急反発しているものの、ブロックチェーンを支えるマイナーの収益は大きく下落している。 そのため、仮想通貨業界では、採算割れを起こしたマイナーが稼働を停止し、マイニンングから撤退するのではとの懸念が生じている。

マイニングの損益分岐点

マイニング収益は、マイニング機器の効率やマイニングの規模、また電気代の地域差などによって、その損益分岐点にも大きな差が生じる。以下はビットコインの損益分岐点に関する試算の例だが、現在のマイナーの平均損益分岐点は、1BTCあたり、70万円から80万円との見方が主流となっている。

投資コンサルタント「Capriole Investments」 :8000ドル

マイニングプール「f2pool」:Antminer S9の場合、7518ドル

仮想通貨リサーチ企業「TradeBlock」:Antminer s17+の場合、6851ドル

電気代が安価な国々のマイナーの場合(ベネズエラ等):4000ドル

つまり、今回の暴落で、マイナーの収益性が赤字に転落していることが推測でき、仮想通貨の根幹を支えるマイニング事業への懸念が高まってきている。

マイニング企業のリスク対策

しかし、マイナーを一括りにするのは早計だ。 ビットコインの誕生から11年を経て、幾度かの「仮想通貨の冬」を乗り越えてきたマイニング企業は、リスク対策も導入している。

その一つが、効率的にマイニングを行う専用施設、マイニングファームによる個人及び機関投資家向けのハッシュレート契約の販売だろう。 ハッシュレートの提供により得られた資金は、マイニングにかかる固定費をカバーし、また事業経営存続のためのキャッシュフローを生み出すことになる。

また、マイニングには欠かせない電力だが、ビットコインネットワークのマイニングに消費される電力源も、風力や太陽光、水力発電などの再生可能エネルギーへのシフトが進んでおり、現在その73%を占めるようになったとの報告もある。(Coinsharesレポート:2019年12月) 

このような再生可能エネルギーを利用した「持続可能なマイニング」を掲げ、費用効率が高い最先端のマイニング機器とマイニングプールを抱え、急速な成長を遂げているマイニング企業、Northern Bitcoin社の例もある。

 

また米ニューヨーク州の発電所が、費用の予測が容易で、安価な電力コストを武器に、マイニング事業に参入した例も報道された。

マイニング規模が大きく影響

しかし、大口のハッシュレート契約の販売による資金確保やマイニング施設及び最新機器への投資が可能なのは、ある程度の規模の企業に限られてしまうのも事実だろう。

マイニング企業へのコンサルティングを行うKristy-Leigh Minehan氏は、多くの大規模なマイニング企業は、今回のような仮想通貨価格の暴落時には、市場が回復するまでコインを貯め置く戦略をとると述べている。 さらに、ハードウェアのアップグレードによりマイニングの効率を高めることで、このような逆境を乗り越えようとしているという。 また、それが可能な資金力も備えていると考えられる。

一方で、小規模なマイニングプールにとって事態は厳しいものとなるだろう。採算が合わず、マイニング事業からの撤退や、大規模な企業への売却という選択を余儀なくされる可能性も高く、明暗が別れそうだ。

ただし、大手マイナーによるシェア拡大は、51%攻撃の可能性を高めるなど、ビットコインネットワークのセキュリティの面ではマイナスの要素も大きい。

新型コロナウィルスの感染拡大により、世界各国で、渡航禁止令や外出禁止令など厳しい措置が講じられると同時に、大規模な経済対策が次々に導入されている。 2008年の金融危機をきっかけに誕生したビットコインが、この試練をどう乗り越えるのか、まだ、先行きは見通せない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:33
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧