新型コロナウイルスのグローバルデータベース ALGOブロックチェーンでローンチ

COVID-19の症例報告アプリ

仮想通貨ALGOの発行元である米ブロックチェーン企業Algorandは、新型コロナウイルスのデータ共有アプリ『IReport-Covid』を立ち上げた。

現在、一般の当事者(感染者)が発信する新型コロナウイルス(COVID-19)症例情報は限られているが、「IReport-Covid」では誰でも匿名で検疫の状態や、症状を報告することができる。特に症状が出ていないユーザーでも、健康状態を報告し、それを更新可能だ。

アプリはALGOブロックチェーン上に構築されており、そこで報告されたすべての情報へ誰でも無料でアクセスできる。

「IReport-Covidにアクセスし、パンデミックに関する知識の蓄積に貢献しよう」とAlgorand社は呼び掛けている。アプリの目的は、COVID-19と戦うためのオープンでグローバルなデータベースの構築を促進することだという。

誰でも市井の人々が、このプラットフォームに情報を共有できるため、COVID-19が人々にリアルタイムでどのような影響を及ぼしているかを知ることができる。

ブロックチェーンの特性を活かした分散型、永続的で変更不可能なデータベースであり、情報を元の形式で無期限に保存、将来に渡っても、いつでも利用して検証することが可能だ。

ログインなし、匿名で報告可能

プラットフォームでは、簡単にユーザー自身現在の状態を報告できるようになっている。年齢や居住地などの基本情報に加えて、症状の有無、症状が出ている場合どのようなものか、検査や医療を受けたか、隔離しているかなどについてのアンケートが用意されており、症状がなくてもアンケートに記録することが重要だと説明。

また、回答後に状況が変化した場合は、新しい情報に更新できる。タイムリーな状況報告は、COVID-19研究へも役立つ見込み。報告する上で、アカウントの作成や、ログイン、また調査内容以外の情報提供は不要だ。アンケートを送信すると、誰でも見ることができるように投稿される。

現在、プラットフォームは英語版のみとなっているが、他の言語によるバージョンも作成中だという。

参考:algorand公式

CoinPostの注目記事

仮想通貨XRP・BNBが単独上げ、要因は? 最大規模の難易度調整もビットコイン採掘上向く
仮想通貨市場は27日、ビットコインが73.7万円と史上2番目の難易度易化調整後も同水準を維持。3位XRP(リップル)が一時20円目前まで迫り、前日比10%高。9位バイナンスコインが1450円の前日比8%高と単独上げを記録した。
リップル社、新型コロナ対策で寄付 2つの支援団体に計20万ドル
リップル社は新型コロナウイルスに対する資金的支援を発表。2つの支援団体に計20万ドルの寄付金を送る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用