金融大手フィデリティのFDA、ビットコインの流動性を拡大へ 仮想通貨取引所ErisXの現物市場を統合

フィデリティ、ErisXを取引プラットフォームに統合

米金融最大手フィデリティの仮想通貨(暗号資産)関連サービス子会社である「Fidelity Digital Asset(FDA)」は、取引の流動性を高めるため、機関投資家向けの仮想通貨取引所ErisXの現物市場を自社のプラットホームに統合する。

今回の統合により、ErisXの仮想通貨の現物市場にFDAの顧客からアクセスできるようになり、ビットコインの流動性を高めるきっかけになると期待されている。なお、現物アルトコイン市場については、現時点でアクセス可能か、明らかになっていない。

なお、FDAはこれまでビットコインのOTC取引およびカストディサービスだけ提供していた。

ErisXは、ナスダックやマネックスグループなどの金融大手が出資を行い、米商品先物取引委員会(CFTC)から先物取引を提供できるライセンスを取得している機関投資家向けのプラットフォームだ。現在ビットコインの先物取引のほか、ETH・LTC・BCHの現物OTC取引も提供している。

フィデリティはErisXの株式も保有している。ErisXによると、Wedbush SecuritiesやTDAmeritradeといった大手ブローカーとの統合にも取り組んでいるという。

情報筋の話では、今回の動きの背景には、FDAの事業の急成長があるようだ。新型コロナウイルスの影響で投資家が新たな投資先を探す中、FDAには年金を運用するファンドやファミリーオフィス、ヘッジファンドのマネーが流入している。

フィデリティの担当者は、「取引を行う顧客は月ごとに増加している。ここ数週間ではさらに勢いが増し、例えば、『価値の保存』や『デジタルゴールド』といった言葉が、投資家からより多く聞かれるようになった」と説明している。

CoinPostの注目記事

フィデリティの仮想通貨企業、欧州でもビットコインのカストディサービスを提供
米「フィデリティ」のデジタル資産企業FDAは欧州顧客にはじめてBTCカストディサービスを提供。2019年12月に英国支社を新設したばかりだ。
ErisX、ビットコイン現物決済先物を正式ローンチ アルト先物の実現は持ち越しか
スダックやマネックスも出資した米仮想通貨取引所ErisXは正式にビットコインの現物決済先物取引を公開した。ブローカーなどを介す取引は2020年に開始するという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。