グレースケールの仮想通貨イーサリアム投信に500%超の高プレミアム

イーサリアムの投信、500%越えのプレミアム

米大手投資ファンドグレースケールが提供するイーサリアム(ETH)の投資信託「Ethereum Trust」で、一時約500%のプレミアム価格が発生した

出典:Bloomberg

この水準は、今年2月の上昇相場で記録した290%のプレミアムを大幅に上回る。

イーサリアムの投信はビットコイン投信「GBTC」と同じく、グレースケールが保有する現物の仮想通貨ETHに連動するOTC取引の投資商品だ。機関投資家を中心に資金が流入している。

データによると、原資産であるイーサリアムの1シェア16.10ドル(9日の価格)に対し、Ethereum Trustの取引されている価格は90ドルに達した。ビットコインに連動するGBTCのほうでは、10%ほどのプレミアムにとどまる。(ブルームバーグデータより)

イーサリアムの価格は3月中旬に暴落したが、4月6日より大幅反発すると、ビットコインやその他アルトコインを先行する形で上昇していた。

イーサリアムやステラ主導で仮想通貨全面高、ビットコイン高騰の背景
6日の仮想通貨市場は、前日比20%高のイーサリアム(ETH)やステラ(XLM)が先導する形で全面高となった。ビットコイン(BTC)上昇の背景は。

新型コロナの影響で株や石油市場の先行き不透明感が高まる局面におけるイーサリアム投信のプレミアム発生は、伝統市場からの資金分散需要があるとの指摘があるほか、ETH2.0の大型アップグレードに対する思惑があるものと思われる。

イーサリアム(ETH)の開発進捗に関して、共同創設者のヴィタリックは先日、『イーサリアム2.0』におけるフェーズ0のマチルクライアントのテストネットが4月に開始できる公算が高いと言及。Githubにより、「プルーフオブカストディ(PoC)」における 安全な『マルチパーティ計算方法(MPC)』および第一段階のコードが完成したことも判明している。

CoinPostの注目記事

仮想通貨イーサリアム2.0、「プルーフオブカストディ」の第一段コードが完成
次世代イーサリアムのETH2.0で、「プルーフオブカストディ」におけるMPC計算方法および第一段階の計算コードが完成。バリデータがブロック生成をする際にデータの所有を証明するよう規定する。
仮想通貨市場暴落で、含み益のイーサリアム投資家は約6%=intotheblock調査
仮想通貨分析サイトintotheblockのデータによれば、仮想通貨市場の暴落に伴い、イーサリアム(ETH)を保有する投資家の内、83%が含み損に。今年2月水準の250ドルに回復した場合、多くのアドレスが損益分岐点を上回るとされる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用