「10万円一律給付」首相、補正予算案組み替えの方向で検討指示

安倍総理大臣が16日、新型コロナウイルスの経済対策として、国民1人当たり10万円の現金一律給付について、2020年度補正予算案を組み替える方向で検討するよう指示したことがわかった。共同通信社が関係者の証言として報じた。

安倍総理は、公明党が所得制限を設けない1人当たり現金10万円を一律給付策を求めていることを受け、麻生副総理兼財務大臣に続き、自民党の二階幹事長、岸田政務調査会長と会談を行なった。

公明党の山口代表は、収入が減少した世帯への30万円の現金給付策ではなく、国民1人当たり現金10万円を一律給付策を実現するために、今年度の補正予算案を組み替えを求めていた。

一律10万円の給付については、約12兆円の財源が必要となることから、財源の確保や所得制限などが焦点となっていた。

共同通信社


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します